後編】書くと読むは、とても強く繋がっている

パスティーシュ小説集『パスティス』(筑摩書房)を出版された中島京子さん。その創作の秘密を教えていただくべく、二次創作をテーマに短篇小説を公募中のプロジェクト「ブックショート」が12月6日、トークイベントを開催!
『シャーロック・ホームズ・シリーズ』や『宮本武蔵』などの名作を、中島さんはどのように読み取り、本作へとつなげたのでしょうか。作中の物語を紐解きつつ、パスティーシュ作品の魅力をお聞きしました。

②『カレー失踪事件』(←『シャーロック・ホームズ・シリーズ』)

中島京子(以下、中島) これは『シャーロック・ホームズ・シリーズ』を意識して書いたもので、そのなかの個別の作品のパスティーシュというわけではありません。もともと雑誌「ダ・ヴィンチ」で、「カレーと本」という特集を組むからカレーと本が出てくる小説を書いて欲しいと頼まれたことがきっかけで、考えているうちにミステリーというか、失踪事件という設定を思いつきました。

ブックショート編集部(以下BS) カレーと本。神保町みたいですね(笑)。

中島 で、書きはじめたら、ミステリーだから探偵役が出てくるな、と。それで子供のころ大好きで、TVドラマも観ていたシャーロック・ホームズのキャラを拝借しようと思いました。推理するときのちょっと威張った感じのスタイルや、よく使う「初歩的なことだよ。ワトソン君」のようなセリフなどを拝借して作ったパロディです。

BS 「原作のキャラや設定を流用したパスティーシュ」、という感じでしょうか。

③『Mとマットと幼馴染のトゥー』(←『宮本武蔵』吉川英治)

中島 原作は、みなさんご存じの二刀流の剣豪 宮本武蔵の成長物語です。重要な登場人物に、又八という武蔵の幼い頃からの友達がいます。いい加減で女たらしだけど、武蔵がすごく大事にしている人物です。そして、お通。お通は又八の許嫁だったのに武蔵のことがすごく好きで、どこまでも追いかけていく女性です。だけど、武蔵は剣豪として成長していかなければならないので、女にかかずらわっていられないという感じで、ストイックに自分の剣と思想を磨いていきます。

BS あの、マンガの『バガボンド』の原作ですね。

中島 私は、萬屋錦之介さんが出演していた映画で観たのが最初でしたが、どうも武蔵がゲイっぽく感じられたんです。どこに魅力があるのかわからない又八を、なぜかすごく大事にしていて。また、お通さんはお通さんでストーカーのように見えてきました。どんなに嫌がられても武蔵に付いていくお通さんを観て、何かすごいことになっているな、と。
 それで、吉川英治の『宮本武蔵』を全巻読んだんです。読めば読むほど“二刀流”は“そういう意味”だとしか思えなくなってくるんですよね(笑)。それで書き上がったのが、このショートストーリーです。

BS 言ってみれば、「原作のキャラクターの印象をデフォルメしたパスティーシュ」ですね。

④『ムービースター』(←『キングコング』)

中島 元ネタは1933年の映画、初代『キングコング』ですね。この小説のストーリーは、私が飛行機の中で、ナオミ・ワッツがリメイクした『キングコング』を観て思いつきました。『キングコング』は、インド洋の島からゴリラのキングコングが連れてこられるお話。映画の撮影に来たクルーが島でキングコングを見つけて、こいつを連れて帰れば興行的に成功するに違いない、と引っ張ってくる。それで見世物にされてしまうんですけど、キングコングは逃げ出して、美女のアンに恋をする。そして、彼女を握りしめてエンパイア・ステート・ビルに登っていく。“美女と野獣”という言葉がこの映画で何度も出てきますね。

BS いやがる美女を手に、野獣がビルのてっぺんに追い詰められていくわけですね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
公開講座「二次創作(パスティーシュ)小説の魅力と創作の手法」

中島京子

11月12日にパスティーシュ小説集『パスティス』(筑摩書房)を出版された中島京子さん。二次創作をテーマに短篇小説を公募中のプロジェクト・ブックショート(ショートフィルムとつながる文学賞)が、その創作の秘密を教えていただくべく、12月6...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

mrmlmary この3番は腐読みと一体どこが違うのか?私は同じだと思うけど。 5年以上前 replyretweetfavorite