世代交代なき時代の象徴としての『いいとも!』

終戦の年に生まれたタモリの足跡を、戦後史とともに振り返ってきた「タモリの地図」。ついに『笑っていいとも!』がスタートした80年代まで着きました。密室芸人だったタモリを国民的タレントに変化させた80年代とは、どういう時代だったのか? その時代の空気を追います。

終戦直後に生まれ古希を迎えた稀代の司会者の半生と、 敗戦から70年が経過した日本。
双方を重ね合わせることで、 あらためて戦後ニッポンの歩みを 検証・考察した、新感覚現代史!
まったくあたらしいタモリ本! タモリとは「日本の戦後」そのものだった!

タモリと戦後ニッポン(講談社現代新書)

37歳の地図—文化史のなかの『笑っていいとも!』3

ハプニングを逆手にとった『いいとも!』

これまで、タモリがマイナーな密室芸人から国民的タレントとなり、昼の生番組を担当するまでの過程を見てきた。タモリがテレビの世界で成功を収める土壌は、すでに1970年代に着々と用意されてきたといってよい。たとえば、タモリのモノマネの対象となった、文化人と呼ばれる人たちが、教養・報道番組のみならずバラエティ番組やCMに起用されることが増えたのはこの時期だった。また、萩本欽一が自ら番組づくりに乗り出し、テレビにおいてコメディアンが活躍する場を広げていく。萩本の番組づくりの基本となったのは、人々がテレビに惹きつけられるのは「次の瞬間、何が起こるかわからないから」だという、「テレビ=ドキュメンタリー」説ともいうべきものだった。この傾向は、80年代に入ってさらに強まり、テレビの笑いも大きく変わった。70年代に数々の人気ドラマを手がけたTBSのディレクター・プロデューサーの久世光彦は、次のように語っている。

僕が作っていた「時間ですよ」などは“喜劇”というふうに見られていたと思いますが、ああいった喜劇の最後の時代でもあったと思うんです。つまり、その時ブラウン管にいなかったのが誰かというと、たけしとさんまとタモリなんです。この3人が、テレビという媒体の中にはいなかった。僕は、彼らが出てきて「笑い」が変質したという感じがします。
『毎日ムック シリーズ20世紀の記憶 連合赤軍・“狼”たちの時代1969-1975』

本人が言うとおり、久世のドラマには喜劇の要素が多々盛り込まれていた。出演者には伴淳三郎や由利徹、伊東四朗など喜劇人も多く、久世自ら喜劇を学ぶべくドリフターズのいかりや長介に“弟子入り”したりもした。ほかならぬタモリやビートたけしをいち早くドラマに起用したのも久世だ。また『ムー』や『ムー一族』といったドラマでは、たびたび観客を入れての生放送にも挑戦している。そこでは劇中、その日の新聞から話題をとりあげたり、プロ野球の試合結果を伝えたりといったことも行なわれた。それはドラマにおける「テレビ=ドキュメンタリー」の試みだったといえる。だが、そもそも虚構であるドラマという枠内では限界があったし、久世の生んだ手法がその後もドラマの世界で脈々と受け継がれたとは言いがたい。

それに対し、バラエティ番組では、台本をもとに何度もリハーサルを重ねてきちんとつくりこんだ笑いから、アドリブや楽屋ネタをふんだんに盛り込んだ、まさにドキュメンタリーの笑いが主流となっていく。土曜の夜8時の枠における視聴率競争で、後者の笑いを主導した『オレたちひょうきん族』が、かつて50パーセントもの視聴率を獲得し「怪物番組」などと呼ばれた『8時だョ!全員集合』に勝利したことは、こうした変化を象徴するものだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載がついに書籍化!「森田一義」はいかにして「タモリ」になったのか。関係者への追加取材や大幅加筆でその足跡をさらに浮き彫りにします!

この連載について

初回を読む
タモリの地図—森田一義と歩く戦後史

近藤正高

2014年3月31日、『笑っていいとも!』が32年間の歴史に幕を下ろしました。約32年間、毎日テレビに出続け今や国民的タレントになったタモリ。そんな「昼の顔」だけでなく、アングラ芸で身を起こし、深夜番組『タモリ倶楽部』で披露する「夜の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mametanuki その変化の無さは、時代全体というより、絶頂期を迎え終わりが始まったテレビ文化の進化の終わりと停滞の始まりを象徴してるんじゃなかろうか。 5年以上前 replyretweetfavorite

kamawanujp 久世光彦、橋本治の言葉が響く  > 5年以上前 replyretweetfavorite