第5回】祖父と祖母と僕

研究費獲得のために応募したNIAC(NASA Innovative Advanced Concept)に奔走した小野雅裕。多くの困難をくぐり抜け、〝プチ失業〟で失っていた自信を取り戻すことができた。(「【第2回】JPL内でのプチ失業」参照)そんな中、日本にいる母から急を知らせるメールが届いていたーー。(イラスト:ちく和ぶこんぶ)

8月の初め、「彗星ヒッチハイカー」に研究費をつけてくれたNIAC (NASA Innovative Advanced Concept)プログラムのミーティングが、NASA本部のあるワシントンDCであった。それを無事に終えた翌朝、目覚めてベッドの中で携帯をチェックすると、母からの急を知らせるメールが届いていた。祖母の容態が悪く、会いたい人にいまのうちに会っておけと医師から告げられた、との事だった。すぐに僕は、2週間後に東京に向かう飛行機のチケットを予約した。


(左:小野雅裕さんの妹 真ん中:小野雅裕さん 右:小野さんのおばあさん)

飛行機がロサンゼルスの空港を飛び立つと、すぐに太平洋に出た。快晴のカリフォルニアの空の色を映した、どこまでも青い海だった。その海を見下ろしながら、僕が考えていたのは優しい祖母のこと、そして6年前に亡くなった祖父のことだった。この海こそが、若い頃の祖父が夢を抱き、そして若い頃の祖母が愛する人の帰りを待った海だったのだ…。

僕が宇宙に憧れたように、祖父は若い頃、海に憧れた。学校の帰りにしょっちゅう制服のまま神戸港へ行き、そこに出入りする船を眺めていたそうだ。大洋を渡る大きな船を見て、見たこともない遠い異国の風景を色々と思い浮かべていたのだろうか。そして将来は白いセイラー服を着た船乗りになりたいと夢見たのだろうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙人生—NASAで働く日本人技術者の挑戦

小野雅裕 /小山宙哉

世界で唯一、太陽系の全ての惑星に探査機を送り込んだ機関があります。それは、NASAのJPL(ジェット推進研究所)という組織。そんな宇宙探査の歴史を切り拓いたともいえるJPLで働く技術者・小野雅裕さんが目指すものとはーー。『宇宙兄弟』ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません