日常系」は19世紀に生まれていた!? 美術初心者におすすめの「ボストン美術館 ミレー展」

マンガ・アニメ界では、最近、キャラクターたちの何てことのない日常を描いた「日常系」と呼ばれるジャンルが人気です。しかし、実はこの「日常系」の魅力に、19世紀に気づいていた画家がいました。それはミレー。絵画にうとい人でも『晩鐘』『種をまく人』といったタイトルには聞き覚えがあるのではないでしょうか? 丸の内の三菱一号館美術館で開催されている「ボストン美術館 ミレー展 ―傑作の数々と画家の真実」の作品を取り上げながら、ミレーの魅力に迫ります。


ジャン=フランソワ・ミレー 《羊飼いの娘》 1870-73年頃 油彩・カンヴァス Gift of Samuel Dennis Warren 77.249 ボストン美術館蔵 Photographs ©2014 Museum of Fine Arts, Boston

どんな表現であれ、長い歴史を持つジャンルに何か新しいものを付け加えるというのは、たいへんなことです。新しい何かを加え得たわずかな人だけが、歴史に名を残すことになるわけなのでしょうね。

19世紀のフランスに生きたジャン=フランソワ・ミレーは、絵画の歴史を革新した偉大な表現者のひとりです。日本でも人気が高いので、作品のイメージはしばしば目にいたしますね。広々とした田園のなかで繰り広げられる農民たちの営みを、静謐な筆致で描き出している作品群です。夕暮れに祈りを捧げる《晩鐘》や、身体をかがめて地面に手を伸ばす人たちが描かれた《落穂ひろい》などがよく知られているところでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

penguinsproject こういうことですね。 5年以上前 replyretweetfavorite