坂部三樹郎(ファッション・デザイナー)→猪子寿之(チームラボ代表) Vol.2
「西洋と東洋は何が違うんですか?」

今回のインタビュアーは、ファッション・デザイナーの坂部三樹郎さん。自身のブランド「ミキオサカベ」はもちろんのこと、さまざまなクリエイターとのコラボレーション・プロジェクト「最前ゼロゼロ」など、ファッションという枠にとどまらない活動を続ける坂部さんがインタビューするのは、"ウルトラテクノロジスト集団"チームラボの代表・猪子寿之さんです。「カンバセーションズ」本サイトでも話題になった人気記事を、3回にわたってお届けします。

西洋と東洋は何が違うんですか?

Q. ファッションにしてもテクノロジーにしても、これまで主流だった西洋的な思想から、これからは東洋思想の方に近づいてくるということが言われています。猪子さんはその辺をどう考えていますか?

猪子:西洋というのは、客観思想が根本にあるんですよ。もっと言うなら、「絶対的な何かがある」と信じている思想ですよね。宗教もそういうことだろうし、ハリウッド映画を見ても、主人公が客観的な正義で、そこに客観的な悪が登場してきて、正義が悪を駆逐しますよね。「駆逐こそが秩序」という考えがベースにある。その思想は、産業革命や自然科学とは相性が良かったんですね。一方で日本は、世界は主観的でしかないと捉えていたと思うんです。たとえば、「もののけ姫」のタタラ場の女王には、タタラ場としての正義があり、もののけ姫には、もののけの森としての正義があって、客観的な正義はどこにもない。平和というのが、西洋の客観思想からすると駆逐につながるけど、東洋、少なくとも日本では妥協点の模索ということになってくると思うんですよ。

Q. そうした日本の主観的な思想の方が、いまの社会とは相性が良いと。

猪子:マスメディア中心だった頃の社会は、客観思想とスゴく相性が良かったと思うんです。でも、ネットが出てきて、誰もが情報発信できるようになって状況が変わった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード