新訳 世界恋愛詩集

僕はくたばりたくない」ボリス・ヴィアン

死ぬまでに叶えたいこと、手に入れたいもの。あなたはいくつ持っていますか? 幼いころより抱えていた心臓疾患を顧みずトランペットを吹き、シャンソンを歌い、多くの小説や詩を書き残し、ジャズ批評や翻訳までもこなしたボリス・ヴィアン。「40になるまでに死ぬ」と公言し、実際に39年という短い一生を駈け抜けました。そんな彼の代表作とも言える本詩「僕はくたばりたくない」が、菅原さんの手により恋愛詩として生まれ変わりました。
詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


僕は死にたくない

太陽の冷たさ

月の裏側

夢を見ずに眠る

メキシコの黒い犬

銀色の蜘蛛

熱帯を食べ尽す

お尻まるだしの猿たちを

知らずには



僕は死にたくない

女物のドレスで大通りを歩き

マンホールをのぞき込み

枯れないバラの発明

二時間で終わる一日

山にある海 海にある山

四色刷りの新聞

苦痛の終わりを

知らずには



僕は死にたくない

僕のくちびるが 君のくちびるに

僕の指先が 君のからだに

僕の声が 君の耳に

僕のまなざしが 残りのすべてに

溶け合うまで

くらやみでさがす ふたりの一冊

埋められぬ過去を埋めるまで

僕はくたばりたくない





『僕はくたばりたくない』


ボリス・ヴィアン(1920~1959)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sugawara_bin 【日曜日、それぞれの思惑に、詩をひとつ】 結果はどうあれ、くたばるにはまだ早い。 https://t.co/xu3m6slYUP 菅原敏/久保田沙耶| 約4年前 replyretweetfavorite

mariemarietrip おー!中学のときに出会って以来ずっと好きな詩が!→ 約4年前 replyretweetfavorite

sayakubota 【くたばりかけても更新更新】 https://t.co/hT4Do3Pyas 菅原敏/久保田沙耶| 約4年前 replyretweetfavorite

Holloway_Amber キザすぎるけど、壁ドンよりずっと胸キュンなのはあたしだけ? https://t.co/IC82crnLcD 約4年前 replyretweetfavorite