chapter3-4 フィッシュオン

恋愛工学の生物学的なバックグラウンドを学んだ僕は、いよいよ実践演習に入った。まずは、メッセージを効率的に一斉送信する。

「まずはグループでくくれ」

「グループというのは?」

「たとえば、この表で由佳と恵子は、街コンでいっしょに出会ったふたりだ。このようにお互いに知り合いの女同士をくくっていくんだ」

 僕は、クラブで出会った女も、全てメモに書き出した。それから永沢さんに言われたとおりに、グループ分けした。結局23人の女の子たちは、15組のグループにわけられた。

(由佳、恵子)(真希、理香子)(理恵、真由美)(綾)(留美子)(伊藤詩織)(加奈)(順子)(沙英、優子)(早紀、恵)(香織)(りお、あいり)(紗季、マオ)(アンナ、エリス)(斉藤美和)

 次に、永沢さんは、それぞれのグループから好きなほうを○で囲むように指示した。ペアになっているのは8組だから、2の8乗を計算すると256になる。つまり、いま僕は256通りの未来の中から、たったひとつの運命を選ぼうとしているわけだ。しかし、この作業をやりはじめると、迷うことはなかった。というのも、同じグループのふたりと連絡先を交換するとき、それまでによくしゃべって仲良くなっているのはたいていひとりだけだったからだ。もうひとりは永沢さんのほうばかり向いていて、4人で連絡先を交換する流れになって、いちおう僕にも社交辞令として連絡先を教えてくれているだけ、という状況だった。僕は、由佳、真希、に丸を打つ。理恵と真由美では迷ったが、ここは単にかわいいほうを選んだ。真由美に◯。次に、沙英、恵、あいり、マオ、アンナ、に◯を打つ。

(◯由佳、恵子)(◯真希、理香子)(理恵、◯真由美)(綾)(留美子)(伊藤詩織)(加奈)(順子)(◯沙英、優子)(早紀、◯恵)(香織)(りお、◯あいり)(紗季、◯マオ)(◯アンナ、エリス)(斉藤美和)

 結局、全部で15人になり、それぞれにメッセージを送ることになった。15人だと、仮にアタックして最後までいく確率が5%だとすると、全員で失敗する確率は、0.95の15乗で46%にもなる。100%から、全員に失敗する確率の46%を引けば、少なくともひとりとセックスできる確率は54%と計算できる。五分五分を少し上回る程度だ。厳しい戦いになるかもしれない、と僕は思った。

 送るメッセージは、永沢さんと相談して決めた。一人ひとりに、コピペを使って送った。六本木ヒルズの蜘蛛の広場で知り合った伊藤詩織と、クラブで知り合ったアンナ以外は、全て同じメッセージだ。


 伊藤詩織には次のメッセージを送った。

[今週、浜松町でランチしたいな。明日の月曜日か、火曜日のランチは空いてる?]

 アンナには次のメッセージを送った。

[Hi Anna! How about having a cup of tea? Let me show you some nice places in Japan.]

(アンナ、元気? 今度、お茶でもしない? 日本の楽しいところにいろいろ連れていきたい。)

 他の全員には、次のメッセージを送った。

[元気? 今日は何してるの? ビールの美味しいお店を知ってるんだけど、いっしょに行きたいな。]

 日本人用は完全にコピペだったので、名前すら書き換えなくてもよかった。伊藤詩織とは、すでにナンパしたときにランチをしようという話になっていたし、僕の簡単な自己紹介のメッセージに、スタンプの返事が来ていたので、その続きだ。アンナに対しても、永沢さんが考えたメッセージは、とても短かった。おかげで、13+1+1人全員に送るのに、5分もかからなかった。

「返事が来ることを祈ろう」と永沢さんが言った。

 僕たちがコーヒーを飲んでいると、ふたりから、ほぼ同時に返事が来た。

 真由美(街コン)と斉藤美和(クラブ)からだ。

(PM16:05 真由美)  [元気だよ。今日はお買い物してるよ。わたなべ君はなにしてるの?]

(PM16:07 斉藤美和) [昨日、クラブで会った人だっけ? 弁理士の人?]

「思ったより、いいじゃないか」と永沢さんは満足気な顔をした。「お前が垂らした釣り針のエサを、魚がつっついている状態だよ」

「なるほど」と僕はうなずく。「どうやって、返信しましょうか?」

「鉄は熱いうちに打て、だ。即効でアポりに行こう」

「アポる?」僕は耳慣れない言葉を聞き返した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくは愛を証明しようと思う。

藤沢数希

恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされず、非モテな人生をおくる主人公のわたなべ。ある日、恋愛工学と出会い、彼の人生は大きく動き出す……。 ファイナンス、経済学、エネルギー政策に関する著作をもち、リスク・マネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Fujisawa_bot 小説で学ぶと、自分の中で映像化するので頭に入りやすい。 約2年前 replyretweetfavorite

Fujisawa_bot 小説で学ぶと、自分の中で映像化するので頭に入りやすい。 約2年前 replyretweetfavorite

yan_kougaku 小説で学ぶと、自分の中で映像化するので頭に入りやすい。 約2年前 replyretweetfavorite

Fujisawa_bot 恋愛工学の生物学的なバックグラウンドを学んだ僕は、いよいよ実践演習に入った。まずは、効果的なメッセージを効率的に一斉送信する。 https://t.co/8C2zrNQka5 2年以上前 replyretweetfavorite