第13回】公立の復権?私立と異なる公立中高一貫校対策

倍率は高く、相変わらず人気の公立中高一貫校では、私立中学受験とは異なる「適性検査」の対策が重要だ。

  受検者6、7人のうち、たった1人しか合格しないのが公立中高一貫校だ。公立ならではの低廉な学費に加え、一貫教育のため先取り学習ができること、そして、好調な大学進学実績などが人気の理由。最近では、難関私立中学受験組の併願も増えているという。

 もっとも、私立中学の御三家クラスに合格する生徒であっても、「公立中高一貫校に受かる確率は半分程度」と塾関係者は口をそろえる。理由は、公立中高一貫校特有の試験「適性検査」にある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
学校間格差 拡大時代! ! の塾&予備校 徹底比較

週刊ダイヤモンド

主要な塾・予備校の内容・合格実績を徹底比較! ~①業界動向編②中学受験編③高校受験編④大学受験編⑤小学校お受験編

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません