田中良和(グリー株式会社) vol.4 自分は世界で何番目なのか、を意識して生きる

ファンドマネージャーの藤野英人さんとグリー株式会社社長・田中良和さんの対談シリーズも、第4回。豊かに暮らしている今の日本の若者の目を覚まさせる、強烈なメッセージが飛び出します。田中社長の経営者としての視野の広さを感じる、最終回です。

インターネット産業は、社会的リスクに敏感になるべき

藤野 依然として、日本にはまだゲーム産業を一段低いものとして見る風潮があると感じるのですが、それについてはどうお考えですか。

田中 ゲームというのは、エンターテインメント産業です。音楽や映画、テレビ番組などもそうなのですが、エンターテインメント産業特有の問題から目をそらしてはいけないと思っています。それは、おもしろさを追求するあまり、いき過ぎてしまうことがあるということです。その部分を理解した上で、人の心を豊かにしたり、安らぎを与えたりするエンターテインメントの正の部分をつくって、マイナス面を自分たちで律したり補ったりすることが求められていると思います。

藤野 マイナス面でいうと、やはり頭に浮かぶのは「コンプガチャ」の問題です。違法と判断されてからすぐに協議会を発足し、ガイドラインを発表するなどの対応をとられていましたが、このあたりの改善の取り組みついてはいかがでしょうか。

田中 自主規制や、業界団体をつくるなどの取り組みはもちろん、まず大前提を共有することが必要だと思っています。

藤野 大前提、ですか。

田中 どんな産業でも負の側面というか、結果的に社会問題を起こしてしまうリスクを抱えています。既存の大きな産業は、そういったリスクを自覚した上で、どうビジネスを展開するかを考えています。
 でも、インターネットビジネスに関連している人たちは、自分も含めて、社会問題に対する意識が薄い気がするんです。それは、たまたま社会規模の問題などが起こり得ない、ごく小規模なところからビジネスをスタートしたからです。これは、インターネットにかぎらず、新しい産業全般に言えることかもしれません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません