健康のため、知らない奥さんに「ありがとう」の練習を

NHK「NEWS WEB」の金曜ナビゲーターとしても活躍している予防医学研究者の石川善樹さん。cakesでも同時掲載中『友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法』(マガジンハウス)では、他者からとの「つながり」こそが寿命に影響を与えることが提示され、大きな反響を得ています。中編では、さらに範囲を広げ、健康に関する意外なトピックスについてお話を伺っていきます。

「裁量権」を持つことでストレスが軽減される

— 前編でのお話で、WHO(世界保健機関)が健康の定義が「肉体的、精神的、社会的に満たされた状態である」であるというお話がありました。
 中でも、社会的なつながりが大切だということはわかりました。けれど、寿命は最終的には肉体が重要な気がします。肉体の限界がきて、人は死ぬという。

石川善樹(以下、石川) 肉体、精神、つながりは相互作用していると考えられます。たとえば、ある老人ホームで、植物を部屋に置くという実験がありました。ある階に住む人たちは植物を自分で世話をして、別の階では職員が世話をすることにしたんです。すると、自分たちで世話をした人たちのほうが長生きしたんです。
 どういうことかというと、自分が役割を持って「世話をしている」という感覚が大事だということです。

— なるほど。

石川 老人と役割について、もっと語ってもいいですか?

— もちろんです(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
人間を理解したい!」という欲望—石川善樹インタビュー

石川善樹

予防医学研究者である石川善樹さんが出版した『友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法』(マガジンハウス)が話題を呼んでいます。石川さんは東京大学医学部を経て、ハーバード大学公衆衛生大学院を修了。最近では、NHK「NE...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

koziseren 有料記事だけど、読んでよかった記事の一つ。 変な文庫本買うよりも、お得だと思う。 約1年前 replyretweetfavorite

michael_shinshu 「愚痴る時って、脳の立場に立つと、ストレスフルな状況を脳内で再現しているということになるんです。それって脳にとってはすごい負荷で、細胞の寿命が縮む」/cakes https://t.co/LJliUhdp8c 2年以上前 replyretweetfavorite

moe_yupa ありがとう。といただきます。は大事。 2年以上前 replyretweetfavorite

corgi_corgi 「愚痴を言うと老化が進む」私、昔から愚痴と悪口は言わないようにしてる。アンチエイジング法だったとは! 2年以上前 replyretweetfavorite