健康作りのコツはダイエットにも仕事にも当てはまる! 楽観的と悲観的の切り替えとは

今まで「つながり」健康術について考えてきましたが、今回は健康づくりのコツについてご紹介します。成功のカギは、「プロセスは悲観的に考えて、結果は楽観的に捉える」こと。ここではダイエットを例に考えてみましょう。
予防医学研究者の石川善樹さんが、国内外で行われた数多くの研究を例に挙げながら、健康にとっての「つながり」の重要性をおもしろく、わかりやすく解説した一冊、『友だちの数で寿命はきまる 人との「つながり」が最高の健康法』(マガジンハウス)よりお届けします。

健康作りの目標設定のコツ。

 健康作りの目標をどう設定し、どのような計画を立てるか。

 健康作りでもダイエットでも、仕事と同じように適切な目標設定とそれをクリアするための計画作りが重要になってきます。

 そもそも人がどうやって目標を設定し、どのように計画を立てるのかという分野の研究が始まったのはここ数年のこと。それまでは心理学の世界ではあまり研究されていなかったフィールドです。ニューヨーク大学の心理学者ガブリエル・エッティンゲンが専門的に研究しています。

 この研究が始まって一番目にわかったのは、人の目標の立て方には3パターンがあるということでした。

 一つ目は未来のことだけを考えて目標を立てるパターン、二つ目は目の前の困難さに対処するときのように現実だけを考えて目標を立てるパターン、そして三つ目は未来と現実の間を行ったり来たりしながら目標を設定するパターンです。

 さらに調べてみると、パターン1で未来のことだけを考える人──漠然と痩せたらいいなあ、痩せたらこんな服を着ようとばかり思っている人──は失敗しやすいとわかりました。現実の困難さを無視しているからです。

 次にパターン2で現実から考える人──いまは仕事が忙しいから、運動はやめておこうと思う人──も失敗する確率が高くなります。現実のハードルの高さばかりを考えるとモチベーションが下がるのです。

 ダイエットに関していえば、3パターンのなかでもっとも成功しやすかったのは、パターン3のように未来と現実の間を行き来する人たちでした。しかも、まず未来のことを楽観的に考えて、そのあとで現実の困難さを悲観的に考えるという順番がベストだという事実がわかってきました。順番を逆にして現実から考え始めるとやはりモチベーションが落ちてしまうのです。

 目標を設定するときは、高い目標の方がやる気になるタイプと低い目標の方がやる気になるタイプがいます。この点についてはどちらが良いかは一概には言えません。大切なのはどのレベルの目標であっても、その目標をクリアするためにどういう困難が発生するのかを徹底的に考え抜くことです。

 たとえば、ダイエットをしたいと思ったときに、今日食事を制限するうえでどのような困難が起こるかを考えます。ランチで無料の大盛りアップグレードをどうやって断るのか、同僚が出張のお土産で買ってきたクッキーを間食しないようにするにはどうすればいいのか……。細々したことを事前に考えておくのです。

 これを今日1日という単位だけではなく、1週間、1か月という単位で考えていきます。ごろ寝で済ますいつもの週末をどうアクティブにするのか、2週間後の飲み会で飲み過ぎないようにするにはどうすべきか、1か月後の連休に太らないようにするにはどうしたいいのか……。ダイエットを遂行するプロセスで生じるであろう障害をピックアップして、それをどう避けるのかをとにかく考えるのが、余計な贅肉を絞って理想の体型に近づく近道なのです。

楽観的に考えて悲観的に実行せよ。

 人には楽観的なタイプと悲観的なタイプがいますが、さまざまな研究から楽観的な方が長生きであることが知られています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
友だちの数で寿命はきまる—人との「つながり」が最高の健康法

石川善樹

「つながり」が少ないと死亡率が2倍ってご存じですか? 孤独は喫煙より身体に悪い、お見舞いに来てくれる人の数で余命が変わる、男性は息子の嫁に介護されると長生きし、女性は旦那に介護されると長生きする……。 予防医学研究者の石川善樹さんが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

MarlTake 「 楽観的に考えて悲観的に実行せよ 」っと 人との「つながり」が最高の健康法|石川善樹 @ishikun3 |cakes(ケイクス) https://t.co/c5xMaYT6Ky 4年弱前 replyretweetfavorite

Kathmi1993 #スマートニュース 『まず未来のことを楽観的に考えて、そのあとで現実の困難さを悲観的に考えるという順番がベスト』 4年弱前 replyretweetfavorite

warakashi 理想的なのは「プロセスは悲観的に考えて、結果は楽観的に捉える」こと。 4年弱前 replyretweetfavorite