田中良和(グリー株式会社) vol.1 マーク・ザッカーバーグに、就職は勧めない

今回は33歳3ヶ月という若さで東証一部上場を果たした、グリー株式会社の田中良和社長が登場。どうしてグリーはこんなに成長することができたのか。ゲームに親しみ、インターネットに衝撃を受け、ITベンチャーのカルチャーそのものに憧れた次世代型の社長が打つ次の一手とは。ファンドマネージャーの藤野英人さんが、その思想の根本にあるものに迫る。

ゲームそのものよりも、ゲームビジネスに興味があった

藤野 いまや、グリーはソーシャルゲームが人気を博し、世界中のユーザーが「GREE」のゲームを利用していますね。田中さんは、子どもの頃からゲームがお好きだったんですか?

田中 好きでしたね。僕が小学1年の頃にファミコンが発売されたので、ファミコンが流行った時代をリアルタイムで生きていた世代です。中学生になってからは「ストリートファイター2」などのアーケードゲームが流行って、まわりのみんなとゲームセンターでよくやっていました。高校くらいからはパソコンゲームが出てきたので、それにはまって。

藤野 ひとしきり、いろいろなゲームをやってきたんですね。ジャンルも問わず?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません