パリには無一文で行け? 花の都は盗難の都

世界的に見てめずらしいほど安全な国、日本。そんな国に住む日本人は、やはり海外に出ても、盗難などに遭うことが多いそうです。パリで沢山の被害を見てきた中村綾花さんが言う、日本人がパリでスリに狙われる理由、被害に遭いやすい人の特徴とは?

ただいま仕事の関係で、パリを離れて東南アジアを放浪中です。暑さが苦手な私は汗だく&ヘロヘロになりながら、南国各地で流れるクリスマス・ソングや飾られているツリーに違和感を感じているところです。

屋台でご飯を食べてお腹を壊しまくってます。

ラオスでは昔フランス植民地だけあって、今でもフランス人を多く見かけました。

さて、そんな東南アジアで必ず遭遇するのが「ボッタクリ」です。タクシーに乗るにも、値段が書いてないモノを買う時も、レストランでお会計するときも必死にメーターやレシートを確認しなければいけません。疲れますね、ふぅ。

パリで被害の多い日本人を狙ったスリ

パリではよっぽど運が悪くない限りボッタクられることはありませんが、なにより多いのは「スリ」です。

在仏日本大使館のレポートによると、1年間に日本人観光客がスリの被害に合っている件数は620件(2011年)。ちなみに、2007年の時点で被害は300件なので、年々増えていることになります。

計算すると日本人に対して1日2件のスリが起きていることになりますが、パリに住んでいる私としては、実際は倍以上あるんじゃないかと思っています。私がパリでガイドしているお客さんや、パリを訪問する友人をみていても、4人に1人は被害に遭っているのです。これは結構な確率ですよね。他の国の人はここまでではないと思います。


パリの公共バスにも、しっかり日本語での注意書きがされています。でも、公共のバスに乗りこなせて、こんなに小さな注意書きに気がつく日本人ならばスリには遭いそうにない気がしますが(笑)。

なぜ日本人が狙われやすいのか?

日本人がどうしてスリに狙われやすいのか?  それには明らかな理由があります。それはスリたちが日本人が○○だと知っているからなのです。その○○とは……? 以下、ご説明しましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

chise_type90 @kakure_momouri 最近は盗難の方がヤバいか?→ 5年弱前 replyretweetfavorite

idea_ink ひじきのようなつけまつげ… 5年弱前 replyretweetfavorite

yomoyomo "計算すると日本人に対して1日2件のスリが起きていることになりますが、 約5年前 replyretweetfavorite

satoshique 「iPhoneはスリに最も狙われるモノの一つです。〜新しい機種が出たから買い替えるのが普通の日本。それをパリでやると〜お金持ちだと思われるのです」 約5年前 replyretweetfavorite