新訳 世界恋愛詩集

世界でいちばん悲しい女」マリー・ローランサン

この世界で一番悲しい女性とは、どんな人でしょうか? 20世紀初頭のフランス。その才能と美貌からピカソやブラックといった芸術家や多くの詩人たちのミューズとして愛され、画家でありながら詩や散文も書き残してきたマリー・ローランサン。今なお広く知られる本詩「鎮痛剤」が「世界でいちばん悲しい女」として、菅原さんの手によって詠み直されました。
詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


世界でいちばん悲しい女

いったい誰か

お話ししましょう


憂鬱で退屈な女より 悲しいのは 幸せをつかめない女

幸せをつかめない女より 悲しいのは 病気に苦しむ女

病気に苦しむ女より 悲しいのは 捨てられた女



世界でいちばん悲しい女

あなたもいつか

出会うでしょうか



捨てられた女より 悲しいのは 生涯ひとりで過ごす女

生涯ひとりの女より 悲しいのは 求められない女

求められない女より 悲しいのは 死んだ女

そして

死んだ女より 悲しいのは 忘れられた女



世界でいちばん悲しい女

あなたもいつか

知るのでしょうか



「世界でいちばん悲しい女」

マリー・ローランサン(1883-1956)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

B9OeBASWv0Qajc1 鎮痛剤 https://t.co/rDFmxuB7oK 5ヶ月前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 【さよなら日曜日に詩をひとつ】 https://t.co/hhZGdQCFC3 おやすみ、一週間。 菅原敏/久保田沙耶| 5年以上前 replyretweetfavorite

sayakubota 【涙大好きクマと更新】 https://t.co/XPJjqOyHrY 菅原敏/久保田沙耶| 5年以上前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 【悲しいけれど更新】 https://t.co/hhZGdQCFC3 いちばん悲しい男は誰なんだろうね。 菅原敏/久保田沙耶| 5年以上前 replyretweetfavorite