50歳になってもお互い独身だったら結婚しようか」

「50歳になってもお互い独身だったら結婚しようか」、このセリフ、どこかで聞いたことがあったり、はたまた人に言ったことがあるなんて方も少なからずいるのではないでしょうか。気が合うし、すごく仲もいいんだけど、どうしても恋愛関係までに発展しない人同士で使われるこのセリフ。なんだか少しロマンチックに聞こえたりもしますが、今まで10回以上聞いたことがあるという林伸次さんは、このセリフが実現した人はひとりもいなかったといいます。それはなぜでしょうか?

今まで10回以上その話を聞いてきたが

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

「50歳になってもお互いまだ独身だったら結婚しようかって言ってくれてる人がいて」という話ってたまに耳にしますよね。僕は今まで10回以上その話を聞いたことがあります。

これがよくわからないんです。その話を聞くのが全員、女性からで、そして多くの場合は、そんな約束をしたはずの男性があっさりと別の女性と先に結婚しています。その約束のとおり、めでたく50歳同士で2人は結婚しました、という話も聞いたことがありません。

僕は基本的に恋愛結婚というものは「ああ、会いたい」→「一緒にいたい」→「明日も明後日もずっとずっとこのまま一緒にいたい」→「結婚」だと思っているんですね。「すごおおおく好き」「もうずっと一緒にくっついていたい」「帰りたくない」「もう好きホント好き」みたいな「初期衝動」こそが恋愛結婚へと向かわせると思うんです。

だから、同棲4年目とか交際8年目とかになり、結婚に踏み切る理由がなくなってしまって、なかなか結婚へと至らないなんてことがよく起きるんだと思っています。

で、今回はこの「50歳になってお互いにまだ独身だったら結婚しようか」の意味を考えてみようと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

u_i_y_i そういや言われたことあるあるでこの記事おもいだした。でも50歳じゃなくて35歳だったから数年後どうなるのかどうなのか 3ヶ月前 replyretweetfavorite

papiko_41 これを思い出した 2年弱前 replyretweetfavorite

mg_tomomi 後半からが俄然為になりました。 2年以上前 replyretweetfavorite

atomgm ☆☆ 『今まで10回以上聞いたことがあるという林伸次さんは、このセリフが実現した人はひとりもいなかったといいます。それはなぜでしょうか?』cakes(ケイクス)から http://t.co/l5JfeUczEM 2年以上前 replyretweetfavorite