第4回】おっぱいはずし
  —本来のおっぱいの大きさを取り戻す

おっぱいが小さくなった、垂れた、と感じている人には、この「おっぱいはずし」が効果的です。「はずす」といっても、大げさなことをするわけではありません。胸筋に張りついて硬くなってしまったおっぱいを、指の腹でマッサージして自由にさせてあげるのです。「マンモリラクゼーション」とも呼ばれているマッサージで、おっぱいをあるべき位置に戻すことができます。

「おっぱいはずし」って何?

「おっぱいはずし」は聞き慣れない言葉だと思います。おっぱい体操を始める前は、おっぱいの脇や下の部分が胸の筋肉にベタッと張りついてしまっている人が多いのです。すると、血液循環が悪くなり、十分に酸素と栄養が運ばれません。また、老廃物が溜まって細胞の新陳代謝が衰えることで組織が弱くなるため、筋肉が萎縮してしまい、おっぱいが固まってしまいます。そのまま放置しておくと、授乳トラブルのほか、ホルモンに関する病気や乳がんの可能性まで高くなります。

 おっぱいはずしをすると、張りついていたおっぱいが自由になり、本来の形を取り戻すことができます。試しに片方だけやってみると、一目瞭然! バストトップやデコルテ部分が上がるのがよくわかるでしょう。また、血液やリンパ液の循環がよくなるので、おっぱいがふわふわになるのが実感できるはず。細胞の新陳代謝もアップするため、病気の予防もできます。

おっぱいはずしのポイント

「おっぱいはずし」は、本来は専門指導を受けて認定されたプロにしてもらうのが効果的。ここでは、自宅でもやりやすい方法をご紹介します。

・手を熊手の形にして行う
指を熊手のように広げて行うことで、しっかりとさすることができます。
・指の腹でさする
ツメで肌を傷つけないように気をつけましょう。すべりが悪いときは、ごく少量のオイルやクリームを手に塗るとやりやすくなります。
・つねに左からスタート
左右で血液やリンパ液の流れが違うため、心臓がある左側から始めます。

 トイレに行ったときなどにブラジャーに手を入れておっぱいはずしを行うと、血行がよくなり、肩や首のこりが改善され、顔の疲れも出にくくなります。おっぱいはずしを行ったあとは、しっかりブラジャーの中におっぱいを入れて形を整えましょう。
 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
おっぱいがあなたに知ってほしいこと

神藤多喜子

男性も女性も、子どもも大人も、みんなが大好きなおっぱい。つい形や大きさに目が行きがちですが、実はその2つのふくらみにはもっと深いストーリーがあるのです。女性はもちろん男性にも知ってほしいおっぱいと女性ホルモンの秘密を、『きれいをつくる...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suguruko ”おっぱいが固まってしまいます。そのまま放置しておくと、授乳トラブルのほか、ホルモンに関する病気や乳がんの可能性まで高くなります。” 11ヶ月前 replyretweetfavorite

tumukium 女のみなさん、読むとよさそうだよぅ。 5年弱前 replyretweetfavorite

HNTI_com @basketball_kaya たとえばhttps://t.co/UF4LovRxhg。いろいろ探してごらんおっぱい外し。 5年弱前 replyretweetfavorite

awnh000 @edekirari しかたないにゃー>ω< http://t.co/7bFBPFRzTO 約5年前 replyretweetfavorite