新訳 世界恋愛詩集

夜が来たから寝たのでしょうか?」ジョン・ダン

仕事の忙しさを恋愛に持ち込んでいませんか? 恋と仕事の関係は17世紀も現在も全く変わっていないのかもしれません。 イギリス文学史上、他に類を見ない官能的な詩の数々を残した詩人ジョン・ダン。女性の目線で謳われる詩「Break of Day」が菅原さんの手によってどのように超訳されるのでしょうか。
詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


朝が来たわ でも、それがなに?

朝が来たから 行ってしまうの?

それなら私たちは

夜が来たから 寝たのでしょうか?

夜の闇のなかでさえ二人を導いた愛なら

朝の光のなかでも二人を寝かせて



太陽に口はないわ あるのは目だけ

カーテンの隙間から覗き見されても

太陽は 何にも言えない役立たず

私はただ となりにいたい

すべてを話した

私はあのひと あのひとは私



仕事を理由に 行くのでしょうか?

それは愛の命を奪う一番の病気

お金がなくても 容姿が悪くても うそつきでも

愛は見逃してくれるけど

「忙しい」という人だけは駄目

仕事を抱えて 恋するなんて

妻がいるのに 口説く人と同じなのですから


「夜が来たから寝たのでしょうか?」


ジョン・ダン(1572~1631)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyon8018 おやすみ、はちみつ。https://t.co/dOhOSRdUdo 4年弱前 replyretweetfavorite

8341725 "@sayakubota: https://t.co/i46KMuydmM 菅原敏/久保田沙耶|"素敵 約4年前 replyretweetfavorite

c_kugenuma |新訳 世界恋愛詩集|菅原敏 @sugawara_bin /久保田沙耶 @sayakubota |cakes(ケイクス) この連載好きなのですよねえ https://t.co/66DJ1zEVeO 約4年前 replyretweetfavorite