第11回】「忍者クラス」で灘合格者の3分の1(関西)

通称「忍者クラス」と呼ばれる少人数制のクラスの実態に迫る。

前回述べた浜学園の圧倒的実績の背景には、過去からの蓄積である「灘中模試」などの徹底演習がある。むろん、それだけでは灘中の合格は勝ち取れない。そこで活躍するのが、通称「忍者クラス」と呼ばれる少人数制のクラスの存在だ。

 これは何かといえば、他塾をメインに通っている生徒のうち、灘中に合格する可能性のある優秀な生徒向けに特別に編成したクラスのことだ。「灘中模試を送付し、添削してあげるなどの誘い文句で一本釣りする。そして、他塾の時間割に合わせ、その合間を縫ったかたちで授業を行っている」と複数の塾関係者は明かす。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
学校間格差 拡大時代! ! の塾&予備校 徹底比較

週刊ダイヤモンド

主要な塾・予備校の内容・合格実績を徹底比較! ~①業界動向編②中学受験編③高校受験編④大学受験編⑤小学校お受験編

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません