東中野「ロムアロイ」【レシピ編】コツ満載の絶品ムチムチ“生春巻き”づくりにはあはあ!

ツレヅレハナコが偏愛する超名店をご紹介する「寝ても覚めても好きな店」。今回は、私が「タイ料理は、もうここだけあればいい!」と言い切る東中野「ロムアロイ」のレシピを習います。初めて食べた時はもちろん、何度食べても感動する生春巻きの秘密。まさかのアレンジメニューや、オススメタイ食材店もご紹介!

むっちむっちむっちむっち……
歯を押し返す弾力の生春巻き!
 


「生春巻き」を初めて食べたのは、大人になってからだと思う。
エスニック料理店で口にし、「春巻きなのに、揚げなくていいんだ!」と驚いた。

大学生のバックパッカー時代は、東南アジアへ行くことが多かったので、
タイやベトナム、ラオス、カンボジアで何度となく生春巻きを食べた。
数種類の野菜、海老、春雨などを、米で作った薄い皮で巻く郷土料理。
さっぱりしたノンオイルのたれをつけて食べることが多くて、
確かに、蒸し暑い気候によく合うのよねー。

エスニック食材が気軽に手に入るようになってからは、自分でもよくつくった。
見栄えがいかにも「エスニック!」って感じだし、野菜もたくさんとれるし。
まあ正直、そこまでおいしいと感じたことはなかったけども。汗

でも。

な、な、なんどすか。これは……!!!!!!!!
東中野「ロムアロイ」のヌディンさんがつくる生春巻きを初めて食べた時は、
驚きのあまり、声が出ちゃったのですよ。

華やかな盛り付けに目を奪われたのはもちろん、
パツンパツンに具を巻いた生春巻きは、太くないのにみっしりと重い。
食べれば、むちむちとした皮が歯に当たり、一瞬押し返されるほど。
がぶっと噛むと、ぶわっと複雑なハーブの香り、シャキシャキ野菜、しっとり鶏肉……
スイートチリソースの甘みに、砕いたナッツの香ばしさとコリコリ感が加わる。
う、うんま—い!!!!!!

店主のヌディンさんに聞けば、「フツウニツクッテルヨー」だそうですが、
いやいや絶対なにかある!
その秘密を、今日こそ教えていただくぜー!

教えてくれたのは…
ヌディン・チュティマーさん

タイ・バンコク市出身。92年に来日。恵比寿のタイ料理店に勤務後、東中野「ロムアロイ」を06年にオープン。妥協しない材料選びと、手間暇かけたセンスのいい手作りタイ料理が人気を呼ぶ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
寝ても覚めても好きな店♡

ツレヅレハナコ

ツレヅレハナコが、大好きなお店の大好きな1品を習ってくる連載。もちろん、教えてもらうのは「大好きなお店だからもっと知りたい、家でもつくりたい!」ものだけ! おいしいメニュー満載の「飲み食い編」と秘蔵のレシピがくわしくわかる「レシピ編」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません