進化論・税率上げ先送り・高野文子

今回の「新・山形月報!」は、吉川浩満『理不尽な進化』(朝日出版社)やタイラー・コーエン『大格差』(NTT出版)、片岡剛士『日本経済はなぜ浮上しないのか』(幻冬舎)、高野文子『ドミトリーともきんす』(中央公論新社)などを論じています。また、山形さんと岡田斗司夫さんの対談をまとめた新刊『「お金」ってなんだろう』(光文社新書)の抜粋の掲載も開始しています。併せてご覧ください。

ご無沙汰。今回は、ちょっとくだくだしくなる。というのは、哲学っぽい本の話から入るからだ。その本は、吉川浩満『理不尽な進化』(朝日出版社)。実を言うと、ぼくは本書が献本されるまで存在すら知らなかったし、また知っていても手にすら取らなかっただろう。なぜなら本書にまったく期待していない、というより、この著者に期待していなかったからだ。

理不尽な進化 :遺伝子と運のあいだ
理不尽な進化 :遺伝子と運のあいだ

理系/文系という区分はあまり好きではないけれど、文系の人がしばしば理系の概念について通俗書をかじったあげく、変な誤解に基づく妄想に流れてしまうことがある。そのなかでも鬼門ともいうべき分野は、ゲーデル不完全性定理の妄想じみた使い方、心とか脳とか意識の問題に関するだらしない態度、進化論についてのトンチンカンな批判となる。

そしてしばしばこの三つはなぜか共存するのだ。本書の吉川は以前、『心脳問題』(朝日出版社)という本で脳とか意識とか「クオリア」とかの問題について、ぼくの印象では非常に雑な扱いをしていて、それについてアマゾンのレビューで論難したことがある。そういう著者が、進化論をネタにした本を書く? その時点で警戒信号が点灯する。

さらに不安な点があった。進化論について、理解の浅い本で登場しがちな名前がある。その名は、スティーブン・ジェイ・グールド。この人は、進化論おたくでもあるポール・クルーグマンが指摘しているように用心すべき名前で、学問的にも実はあまり大物ではないし、またその議論の多くもリチャード・ドーキンスなどにかなり徹底的に批判されている。でも、本書をぱらぱら見ると、この名前がやたらに登場する。警報はさらに大きくなる。

進化論は、適者生存という弱肉強食の恐ろしいイデオロギーであり利己性が正しいと公然と主張し、人の優しさや共感を否定する血の通わない冷酷な学問だ、それが現代社会の歪みを招いているのだ、みたいなことを言う本だろう。これが本書を読み始めたときのぼくの予想だった。あるいは、垂水雄二『進化論の何が問題か』(八坂書房)やキム・ステレルニー『ドーキンスVSグールド』(ちくま学芸文庫)のように、要領の得ないふわふわした議論で、論争に負けたグールドに甘い顔をしようとする本なんじゃないかと思った。

が、この予想は意外にも裏切られた。そういう本ではまったくなかったのだ。本書は、そもそも進化は適者生存というけれど、実は適応すべき環境、つまりは進化というゲームのルールがまったくの理不尽な偶然で変わるのだ、という点を指摘する。だから「適者」という以上に、たまたま環境が自分に都合のいいほうに変わってくれた、ツキのある生物が栄えた面も大きくて、それ以外のツイてない生物(つまりは、これまでのほとんど99%以上の生物)は絶滅しちゃったんだ、という点の指摘から始まる。それなのに、通俗的な「進化」というのはそれを無視して、適者生存というのを優勝劣敗と同じ意味で解釈している点を述べる。続いてスティーブン・ジェイ・グールドが自然淘汰的な進化の理解に対して述べた批判(スパンドレル問題)、つまり進化における歴史的な偶発性の重要性指摘と、それに対するドーキンスやダニエル・デネットの反論の正しさが十分に説明される。

ここまでの書きぶりは非常にまっとう。言われていることもすべてその通り。ぼくが警戒していたような、浮ついたいい加減な話はまったくないし、グールドの主張が持ち出されたのも、それがいかにダメで、ドーキンスやデネットの主張のほうが筋が通っていることを述べるためで、それを強弁してごまかそうなどともしない。大変立派です。変な先入観で警戒していて申し訳ない。そして……ぼくならそれ以上の説明など不要だと判断して、そこで本を終わらせだろう。

でも本書は、そこで止まらない。吉川は最終章で、グールドを救おうとする。この最終章こそが、本書の真骨頂となる。グールドだってバカじゃない。それなのになぜ、こんな無謀な主張をあえてしなければならなかったのか? 吉川はそこに、進化論が本質的に持つ、適者生存という側面と偶発性の側面の混在を指摘する。グールドは、その偶発性について人びとが感じる理不尽さにとらわれてしまったのだ、と。それは説明できるものではないんだが、誠実であるがゆえに無理にとりこもうとしてグールドは自縄自縛にはまったのだ、と。でもその自縄自縛はむしろ、進化論(そしてそれ以外の知的な営為)が常に抱える人間的な部分の反映でもあり、決して消えることのない部分なのだ、と。

おー。進化論におけるグールドの敗北を明記した上で、その敗北を救うだけでなく、それをぼくたちみんなが抱える問題の鏡として使い、進化論やあらゆる学問の基盤にまで迫ろうという力業。しかもその中で、グールドが実はあまり評価されていない小者であることも明記しつつ、でもまさにそれが、大物ではないぼくたち自身にもつながってくるという巧妙なつくり。ぼくは進化論の哲学とかその手の話は、基本的にまぬけだと思っているんだけれど、本書で初めて、こうしたことを考えること自体にも少し意義があるかも、と納得するに到った。

さて、そうはいったものの、本書の主張にぼくは説得力を感じるだろうか? グールドは誠実であり、それがために進化論という学問分野が持つ歴史性を直視してドツボにはまってしまい、だからこそ、主流進化論の自然淘汰説に変な絡み方をしたのだ、という本書の主張に納得するだろうか? ぼくはそうは思わないんだよね。

ぼくは、グールドが変な自然淘汰批判に乗り出したのは、やっぱり浅はかだったからだと思う。グールドが社会生物学に対して仕掛けた、議論の歪曲や政治的に汚い立ち回りはよく知られている。かれは学問的な誠実さよりも、イデオロギー的な思いこみと政治的なかけひきを優先する人物だった。自分の断続平衡説(進化は、起こるときは一気に起こるがそうでないときは何も起こらない時期が続くという説)が、「それがどうかしましたか」と冷ややかな扱いしか受けなかったのを根に持っていたんじゃないかとさえ思う。つまり、本書の終章はある意味で、ひいきの引き倒しによる過剰な深読みじゃないかとも思う(ついでに言うと、偶発性と適者生存との共存は、長期と短期で話を分ければそんなに大仰な話にしなくてすむんじゃないかとも思う)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shinkai35 この本読むか https://t.co/6psOWFnfib 1年以上前 replyretweetfavorite

mmdopeonwax 量子力学、ゲーデル、進化論まわりの専門家は「変なものはあれば」ツッコミまくった方がいいんじゃないかと思う。(ぼくが知らないだけでそういうものが既にあればスミマセン) https://t.co/1sOEq1Y07e 2年以上前 replyretweetfavorite

on_da_hill @templa_3 その本よんでないけど、山形浩生がcakesでほめてたので気になってましたー。https://t.co/0QkJYVgz7v 2年以上前 replyretweetfavorite

tomonr1984 いつの間にか月額制になっていた 2年以上前 replyretweetfavorite