矢﨑雄一郎 ​vol.2 人生における幸せの鍵は、誰がもっているかわからない。

医師の家系に生まれ、医学部に進学した矢﨑雄一郎さん。無事卒業し、外科医として充実した日々を送っていました。しかし、がん治療における外科医としての限界や、子どものころからの「自分の力で何らかの価値を生み出したい」という思いから、大学病院をやめて新たな道を歩み始めます。はじめにヨーロッパをバックパッカーとして放浪することにした矢﨑さんが、旅先で学んだこととは。

病院をやめてヨーロッパを放浪。まわりには美術商になったと思われていた

藤野英人(以下、藤野) 矢﨑さんは外科医としてのキャリアの後、現在の会社を立ち上げましたよね。そこまでの経緯をうかがいたいのですが、そもそも、どんな子ども時代を過ごされたんですか?

矢﨑雄一郎(以下、矢﨑) 生まれが長野の田舎だったので、自由に野山を駆けまわっていました。抑圧がなく、のびのび暮らしていたのを覚えています。

藤野 その後、医学部に入られるわけですが、お父様もお医者さんだったんですよね?

矢﨑 そうなんです、開業医の家系でして。でも、一度父親と「なぜ医者になったのか」という話をしていたら、本当は医者じゃなくて、物理学者に憧れて、ソニーのような工学系の会社で勤めてみたかったということを言ってました。好奇心旺盛で、独創的なところがあり、発明者的なところがありましたが、家業を継ぐということが唯一の選択肢であったということです。祖父は医者になって早くして亡くなってしまったので、父は病院を継がざるを得なかったところがあったのでしょうね。

藤野 お父様はやっぱり、矢﨑さんに病院を継いでもらいたいと思っていたのでは?

矢﨑 そうだと思います。だから大学までは、ある意味レールの敷かれた人生を歩んでいました。一方で、音楽がずっと好きだったんです。小学校の頃はトランペットをやっていて、中学からはバンドに興味を持ってギターを練習していました。オリジナルの曲をつくることもあったんです。なにかをつくることが好きだ、というのはこの頃から変わっていないと思います。

藤野 けっこうお医者さんって、プライベートでバンドをやっていたり、でオーケストラの一員だったりする方も多いですよね。

矢﨑 そうかもしれません。私はいまもなお、創作活動という面から見ると、音楽と経営が似ているなと思っています。

藤野 医学部に入ってからは、どんな医学部生でしたか。

矢﨑 普通の医学生だったのですが、ビジネスで活躍している人の話を聴くのが好きで、自分でアポをとっていろいろな方に会いに行っていました。当時から予防医療に興味があり最先端の人間ドックをやっている先生のところに、直接連絡して訪問したこともありましたね。

藤野 そうやっていろいろなものに関心を持っているなかで、外科医になろうと思ったのにはなにかきっかけがあったんでしょうか。

矢﨑 大学3年、4年のときに、叔父と叔母をたてつづけにがんで亡くしたんです。ふたりともまだ50歳前後でした。科を選ぶときに、外科系でがんの治療に関わる分野に進もうと思ったのは、このことがきっかけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe 共感するところがあって面白いです。 4年弱前 replyretweetfavorite

hirarisa_ 矢崎社長の、冷静だけど情熱をひめている感じ、すごかったです |イケてる経営者が日本を救う|藤野英人 https://t.co/sNLpUf4bx5 4年弱前 replyretweetfavorite

yaiask 藤野英人さんとがんの免疫治療ベンチャーを立ち上げた矢﨑社長の対談シリーズ、更新しました。今回は、医学部に進んだ矢崎さんが起業するまでの経緯について→ 4年弱前 replyretweetfavorite