僕くらいは、くだらないことをやり続けてもいいのかもしれない【最終回】

テレビや雑誌だけでなく、個人が自由に作品を発信できる場が広がった現代社会。そうしたなかで佐久間宣行プロデューサーが考える、クリエイティブな仕事につきたいと思っている人が心がけるべきこととは? そしてこれから佐久間さんが仕掛けていきたいと思っていることは? 新刊『できないことはやりません』のタイトルに込められた意図も明らかになる、特別インタビュー最終回です。(構成:小池みき)

「これからも頑張れ」と中学生に励まされる

— 番組の反響として、特にうれしいのはどんなものでしょうか?

佐久間宣行(以下、佐久間) やっぱり、若い人からの感想は嬉しいです。メールやTwitterのリプライも来るし、手紙もたくさんいただきます。

— 若い子からも手紙がくるんですね。

佐久間 意外と肉筆の手紙を送ってくるんですよ。この間も中学生の女の子からもらいましたね。学校がおもしろくなかったんだけど、一番辛い時期にゴッドタンを観て、これで笑えるからまだ大丈夫だって思いながら頑張りました、って。

— それはうれしいですね!

佐久間 ただ、最後に「佐久間、これからも頑張れ」って書いてあって、オイ最後急に呼び捨てかよ! ってウケました。

— 「頑張れイチロー」と呼びかけるような感覚なんでしょうか(笑)。佐久間さんは最初自分がクリエイティブな仕事に向いているか自信がなかったということですが、クリエイティブな業界に憧れを抱いている若い人たちからアドバイスを求められることはありますか?

佐久間 ありますね。テレビとか、何か面白いことしたくて勉強しているけどどうしたらいいかわかりません、っていうような相談とかよく来ます。

— そういう方にはどんなアドバイスをされるんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
できないことはやりません—テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行インタビュー

佐久間宣行

『ゴッドタン』をはじめ、数々のバラエティ番組にたずさわり、芸人から素人まで、さまざま出演者の魅力を引き出す企画づくりをしてきたテレビ東京・佐久間宣行プロデューサー。佐久間さんの仕事術がつまった新刊『できないことはやりません〜テレ東的開...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

OsamubinLaden ガンバッテー(∞*・3・*)ノ  3年以上前 replyretweetfavorite

ponde_pon 課金します 3年以上前 replyretweetfavorite

hirarisa_ いよいよラスト!  |できないことはやりません――テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行インタビュー|佐久間宣行 https://t.co/wzqlLCmj0G 3年以上前 replyretweetfavorite