台本? ハプニング? まるで深夜ラジオみたいな『トーキョーライブ22時』【第4回】

さまざまなジャニーズタレントが毎回単独MCとして登場し、アシスタントのキャラクター「ナナナ」と会話しながら視聴者のお悩みを解決する生放送番組『トーキョーライブ22時』。適度なゆるさのあるこの番組形式は、どういう意図で生まれたものなのでしょうか? 佐久間宣行さんの考える、「テレビの良さ」もかいまみえる特別インタビュー第4回です。

スタッフのミスすら「笑い」に変えるファミリー感

— 10月から新番組『トーキョーライブ22時~ニチヨルまったり生放送中~』が放送開始となりました。毎回ジャニーズタレントの方が一人だけMCとして出演し、テレビ東京のキャラクターである“ナナナ”と会話しながら、視聴者の方のお悩みを解決する生放送ですが、この企画の始まったきっかけは?

佐久間宣行(以下、佐久間) もともとは、「テレビを生で見てほしい」という考えがきっかけですね。若者はなかなかリアルタイムで深夜番組を見ない、という現状がまずあって。その代わりテレ東では、『孤独のグルメ』のような年齢の高い視聴者層に受けるいい番組がたくさん生まれているんですけど。

— 若い子に見てもらえる深夜番組をつくろうと。

佐久間 だからこそ、ジャニーズの皆さんと番組を作りたいと思ったんです。かつ視聴者とリアルタイムでつながることをコンセプトにすれば、生放送でやる意味があるよねと考えました。

— 実際、放送の時間帯になると、Twitterなどで色んな情報や感想がリアルタイムでシェアされているのを見ます。それも想定されていたことですか?

佐久間 そうですね。いろんな人に、感想を言い合いながら楽しんで観てほしいんです。テレビ番組ではありますけど、極めてラジオ番組に似た性質上、リアルタイムの方がより楽しめる内容になっていますし。日曜22時の、休みの最後の時間帯にまったり観るのに合った番組だと思ってます。

— まるでラジオの収録現場をそのまま映像として放送しているような、独特な雰囲気を持った番組ですよね。MCをしているジャニーズタレントの方々のことは、どう見せようと考えていらっしゃるんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
できないことはやりません—テレビ東京プロデューサー・佐久間宣行インタビュー

佐久間宣行

『ゴッドタン』をはじめ、数々のバラエティ番組にたずさわり、芸人から素人まで、さまざま出演者の魅力を引き出す企画づくりをしてきたテレビ東京・佐久間宣行プロデューサー。佐久間さんの仕事術がつまった新刊『できないことはやりません〜テレ東的開...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

abeshiii614 かっこいいと思ったら佐久間さんだった。佐久間さんの作る番組好き! https://t.co/0cMhJwXTz8 10ヶ月前 replyretweetfavorite

cchili_dogg “テレビの一番素晴らしいところは、基本的に無料であることです。社会人にも、いじめられている中学生にも変わらず届く” 【第4回】| 3年以上前 replyretweetfavorite

s_weet_thing_s 佐久間「どんなジャンルにも熱心なファンの方はたくさんいるんですが、その人たちの意見に左右されていると番組の軸がずれてしまう。だからまずは自分の思う『おもしろさ』を追求します。」 https://t.co/cMnSmcYBkH この姿勢はいいと思う。変にオタクに媚びないでほしい 3年以上前 replyretweetfavorite