矢﨑雄一郎 vol.1 免疫細胞を使った、「究極の個別化医療」とは。

ファンドマネージャーの藤野英人さんが、今注目すべき日本の経営者にインタビューする対談シリーズ。今回は、免疫細胞を使った新しいがんワクチンを開発・技術提供しているテラ株式会社の社長、矢﨑雄一郎さんの登場です。自分の免疫細胞にがんを認識させ、がん細胞のみを狙って攻撃させる治療は、副作用がほとんどなく、持続的にがんを制御できる新たな治療法として注目されています。第1回は、がんワクチンの仕組みと、あやしいがん治療にだまされないためにはどうしたらいいのかについて話をうかがいました。

自分の免疫細胞にがんを攻撃させる

藤野英人(以下、藤野) 矢﨑さんの会社で提供している、免疫細胞を使ったがん治療というのは、あまりなじみのない方も多いのではないかと思います。まず、その説明をしていただけませんか。

矢﨑雄一郎(以下、矢﨑) はい。じつは、がん細胞って健康な人の体内でも、毎日約5000から6000個発生していると言われているんですよ。

藤野 そうなんですか!

矢﨑 でも、普段は免疫の力でがん細胞をやっつけているので、がんの症状が出ることはないんです。人間の体には免疫機能というものがあって、ウイルスなどの異物が入ってきたら戦う、というのはご存知ですよね。この機能はがん細胞にも効果があります。でも、免疫の力が弱まるとがん細胞が増えていくのを抑えられず、がんが大きくなってしまいます。そこで、免疫の力を活性・強化して、がんを攻撃させて治療するのが、免疫細胞をつかった「がんワクチン」です。私たちの会社ではその研究開発をすすめて、全国の医療機関に技術・ノウハウを提供しています。

藤野 でも、がん細胞ってもとは自分の細胞ですよね。それを免疫細胞に攻撃させることはできるんですか?

矢﨑 がん細胞は自分の細胞ではあるんですけど、当然ながら正常な細胞ではないんですよね。だから、正常な細胞とは異なる「目印(抗原)」をもっているんですよ。免疫細胞のひとつである樹状細胞はがん細胞を異物として認識することができ、がん細胞を捕食することでその目印を手に入れます。そして、その目印を他の免疫細胞に伝えることで、他の免疫細胞たちががん細胞を狙って攻撃できるようになります。

藤野 樹状細胞は、免疫システムの司令塔なんですね。

矢﨑 はい。だから私たちは樹状細胞を「ボス細胞」と呼んだりしています。免疫には入ってきたものを無差別に攻撃する「自然免疫」と、抗原に合った武器を備えて特定のものを集中的に攻撃する「獲得免疫」の2種類があります。樹状細胞はこの自然免疫と獲得免疫に「攻撃しろ」とか「攻撃するな」とかさまざまな指令を出すんですね。そして特にほかの免疫細胞に外敵を教える能力が優れているんです。

藤野 テラのがんワクチン「バクセル」は、一般的ながんワクチンとどういう違いがあるのですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

peko409 免疫がなんたらで商売する人ってかなりの確率で怪しいニセ医者・研究者なんですけどね→ 5年弱前 replyretweetfavorite

chrhsmt ほー http://t.co/yVGjSXc58E 5年弱前 replyretweetfavorite

coco_blossom cakesでまさかこの話題が⁉︎ 非常に分かりやすいです。ぜひ読んでほしい、がん治療基礎編。 5年弱前 replyretweetfavorite

LAMI_7775 現在のところ免疫療法は保険適用外。使用する細胞にもよるけれど、私の知ってるところでは培養が7~8万円、点滴投与が25万円だったかな。 5年弱前 replyretweetfavorite