第43回】狂乱のハロウィンは東京五輪への第一歩になるか

ここ数年ですっかり日本にも浸透したハロウィン。今年も10月31日にとんでもない数の若者が渋谷の駅前に集まり、仮装をしながら大騒ぎしたことが話題になりました。交通渋滞や痴漢などの治安の悪化、大量のゴミが残されたことで、規制を求める声も上がっていますが、「若者のバカ騒ぎ」で切り捨ててしまっていいのでしょうか? 2020年の東京五輪を見据え、このハロウィン騒動をどう活かすか考えます。

11月第2週のおもな出来事
・ローソンでAmazon商品の注文、購入が可能に(11月4日)
・競走馬ラクティ急死でむち禁止を求める声が再熱(11月5日)
・競泳富田 名誉回復の弁明会見 えん罪を訴える(11月6日)
・ミクシィ スマホアプリ「モンスト」好調で売上高8倍超へ(11月7日)
・羽生 FS直前練習で中国人選手と激突し転倒(11月8日)

身なりはハロウィンでも心はシャイな日本人

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) 最近ではすっかりニュースとして取り上げられるようになった渋谷のハロウィン、現場へ行ってきました!

速水健朗(以下、速水) ナンパしに?

おぐら 今、編集者といえばナンパみたいに思われるじゃないですか! この連載の取材も兼ねつつ個人的なフィールドワークですよ。あ、ちなみに僕は終電前に帰ったので、ネットで話題になっていた明け方のゴミで溢れる光景は見てません。

速水 明け方のセンター街に残された大量のゴミの写真はネットでも話題になってた。街にお金を落とさず、ゴミだけ残すのはいかがなものか的なことなんだけど、あの渋谷のゴミって、ハロウィンに限らずいつものこと。かつて90年代にクラブ帰りの週末の朝によく見た光景と変わらないよね。で、現場はどうだった?

おぐら とりあえず、規模は過去最高だったと思います。とにかく街が浮かれまくっていて、そこら中で男女問わず、知らない人同士が写真を撮り合ったりしてました。僕も負けねえぞ!と奮起して、「写真撮らせてもらっていいですか?」って声をかけてみましたが、まず断られません。写真までは誰でもいけるんですよ。

速水 そもそも見せるというか、見られるために来ているわけだ。で、その先は?

おぐら TwitterやFacebookにアップしてもいいか聞いても全然断られない。僕は締め切りがあったので、「こいつなに渋谷で遊んでんだよ!」と思われそうで一切アップしなかったですけど。男が女の子に「アカウント教えてよ」とか「LINEやってる?」とかって声はいたるところで聞こえてきました。ただ、「飲み行こうよ」って誘うとダメ。「えーヤダー」とかってキッパリ断られんです。

速水 へえ、そういう線引があるんだ。ナンパするには適さない日なのか、ハロウィンは。

おぐら やっぱりお店に入るよりも、外を闊歩して声かけられたり写真を撮られたりするほうが楽しいって言うんですね。それで「海外のハロウィンは街で会った知らない人と飲みに行くんだよ」って言ったんですけど、それでもダメでした。

速水 海外のハロウィンなんてしらないくせに(笑)。

おぐら まぁそうなんですけど。そこで言われたのが、「私たち日本人だし」って。これにはハッとしましたね。こんなに浮かれた格好をしているのに、そうだ中身はシャイな日本人なんだって。

速水 僕はハロウィン当日は六本木にいたんだけど、街を仮装で闊歩するというよりも、パーティに行く途中の人たちで溢れていた感じ。夜の六本木ヒルズのウェストウォークは、ゾンビやバンパイア、ゴス系の人たちが、電気が消えたモールを徘徊していて、まさにジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』の世界。あと、渋谷だと雑居ビルの中に飲み屋がある構造だけど、六本木だと、半ばオープンカフェのような外で飲める路面の店が多いから、徘徊しながら飲むみたいなことが可能なんだよね。渋谷だと年齢層が若いってのも含めて、ハロウィン客は街にお金を落としていかないだろうけど、六本木は街にお金が落ちている気がするよ。これは街の構造の違いだね。

おぐら 渋谷における写真を撮ったりハイタッチしたりっていう一過性の交流とは、質が違うんですね。ちなみに、ハロウィンの象徴であるカボチャはほとんどいませんでした。ゾンビとか傷とか血だらけとかのホラー系がとくに多くて、ほかにゲームやアニメやディズニーのキャラクター、あとはナースや警官の制服といったコスプレが主流かと。

毎日ワッヒャーやって渋谷を国際観光都市に
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

DrqYuto 外はサク 3年弱前 replyretweetfavorite

mugikura ふむふむ。確かに渋谷はカボチャよりゾンビだった気がする。 QT 3年以上前 replyretweetfavorite

sohsai https://t.co/DFQ6nWtb44 で思ったんだけどハロウィンのコスプレの敷居を低くした原因のひとつが「ちょうど良い季節」って点にある。コミケやワンフェスの真冬・真夏開催って、結果的に本気の人しか参加できないハードルとして機能してて、それがあのクオリティを担保してる。 3年以上前 replyretweetfavorite

c_kugenuma 「むしろ僕らは日常的に渋谷でワッヒャーって騒ぐべきなんじゃないかな。…俺はやらんけど。」 3年以上前 replyretweetfavorite