蜷川カラー」に溺れたい!—蜷川実花写真展

他の写真家にはない、独特の色彩を放つ写真で知られる写真家・蜷川実花さん。彼女の写真展「蜷川実花写真展」が東京・六本木の東京ミッドタウン内で行われています。見る者に強烈な色の印象を与え、「蜷川カラー」とも称される蜷川さんの作品。今回は、そんな蜷川実花作品の「色」の秘密にせまります。

売れっ子・蜷川実花の作品がずらり

色に、溺れる—。そんな体験をしたこと、おありでしょうか。いまなら東京・六本木で味わうことができますよ。東京ミッドタウンの一角にあるフジフィルム・スクエアではじまった、「蜷川実花写真展」です。

蜷川実花といえば、かわいいモチーフをビビッドな色合いで表現する写真作品によっておなじみですね。日本で暮らしていれば、だれもがどこかで彼女の写真、目にしたことがきっとおありでしょう。売れっ子ですから、あちこちの雑誌、広告などに彼女の撮影したものは載っていますし、それに、いちど見たら忘れられない強烈な個性が、彼女の画面全体からはあふれ出ていますからね。

蜷川実花の最大の持ち味といえば、まずは色彩。「蜷川カラー」とも称される色は、なぜか他の人にはちょっと出せないものになっています。今展でも、その本領は思う存分、発揮されていますよ。花や金魚といった、蜷川作品によく出てくる被写体を撮った作品群は、色、色、色の洪水のよう……。画面からこぼれ落ちそうなほどの勢いで、色が迫ってきますよ。

でも、会場に身を置いていると、不思議な気もしてきませんか? なぜ彼女だけが、これほど鮮やかで強烈な色味を出せるのかと。彼女は、撮った後で写真に加工をすることはないと公言しています。ということは、どこか現実の世界に、画面に現れているような色彩豊かな場と瞬間があるということ? わたくしたちはそんな場面に、日常生活で出合うことってまずありませんけれど。蜷川実花の周囲にだけ、特別な色の世界が顔を覗かせたりしているんでしょうか。

蜷川の色の秘密を、会場でちょっと探ってみましょう。

じっと目をこらすと見えてくる「蜷川カラー」の秘密
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sako_0803 いきたい。    11月14日~12月3日 フジフィルムスクエア |どこより早い展覧会案内ーー 約4年前 replyretweetfavorite

shuttyshutty やった!最終日行けそう!! ” 約4年前 replyretweetfavorite

pommeblanc 期間中絶対行くー! 約4年前 replyretweetfavorite