お金」って何だろう?

山形浩生と岡田斗司夫が「お金」について話してみた

毎日世界中で、当たり前のように使われている「お金」。もし自分たちが今使っているお金が、お金でなくなったら? 誰もがわかっているようで、わからなかった「お金の本質」を、山形浩生さんと岡田斗司夫さんがわかりやすく解き明かします。『「お金」って、何だろう? 僕らはいつまで「円」を使い続けるのか?』(山形 浩生 、岡田斗司夫 FREEex 著)より抜粋して公開!

100兆ドルのお札はいくら?

岡田 初めまして。今日は、経済に詳しい山形さんに、お金のことをもう根掘り葉掘り尋ねたいと思っているんですよ。僕は20代の頃、大阪でアニメグッズの店を経営したり、ガイナックスというアニメ制作会社の社長をやったりしていたんですが、経済というやつがさっぱりわかりません。お金だって、銀行に預けるか、タンス預金でいいと思っています。
 新聞では経済政策がいいとか悪いとか、ビジネス誌では投資がどうとか金融商品がどうとか、言っていますよね。でも、ビジネスに成功法則があるのなら東洋経済新報社やダイヤモンド社の社員は全員大金持ちだし、効果のある経済政策なんてものが存在するなら、頭のいい奴を集めた国から順番に景気がよくなっているはずでしょう?
 そうなっていないということは、経済政策に意味なんてあるんだろうか? 投資で成功なんて嘘なんじゃないだろうか? 
 僕たちは、毎日何時間もテレビや新聞で、そういう嘘や占いのような経済について聞かされなければいけないんでしょうか?

山形 いきなり、でかい話から始まりましたね(笑)。

岡田 山形さんは、海外の経済書をたくさん翻訳されていますが、本業でも経済に関わられているんですよね。

山形 はい、発展途上国への経済援助についてのコンサルティングを行っています。例えば、向こうの国が「電力網を整備したい」「橋を造りたい」というのであれば、その使い途が適切か、適切ならどういう仕組みを作ればいいのかということを調べてアドバイスするわけです。その関係もあって、今日はすごいお土産を持ってきました。ちゃんと使えた本物の外国紙幣ですよ。さあ、持ってけ!

岡田 うわ、ものすごいゼロの数ですね! 千、万、億……。

山形 これは、100兆ドル札です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
お金」って何だろう?

山形浩生 /岡田斗司夫

「お金」っていったいなんだろう。誰もがわかっているようで、わからなかった「お金の本質」を社会評論家・山形浩生さんと「評価経済社会」の到来を予言した岡田斗司夫さんが、わかりやすく解き明かします。光文社新書『「お金」って、何だろう? 僕ら...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

dp2user https://t.co/5Rbo0Wh6wY ああ(;´Д`)なんかこう禍々しい組合せ 約4年前 replyretweetfavorite

mori_o_hashirou 100兆ドル札だって https://t.co/M2VwDiAboc 約4年前 replyretweetfavorite

kimu3_slime 本に関するインタビュー、いいなー。 約4年前 replyretweetfavorite

satoyon4_ 岡田さんの疑問がなるほどなっとく。 約4年前 replyretweetfavorite