女の人の男の選び方は常に間違っている

女性は男性の選び方を間違ってる? イケメンや金持ちよりモテる男性とは? 女性コラムニストの矛盾や男性を選ぶ際の驚きの基準、さらに男性がモテるために必要な「振る舞い」について恋愛工学が解き明かします。
メルマガ「週刊金融日記」で「恋愛工学」を展開し、さらに小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」をケイクスで連載中の藤沢数希さんに、現代の恋愛市場の抱える問題やモテのメカニズムをお聞きしました。

金持ちやイケメンよりも○○な男のほうがモテる!?

— しかし、藤沢さんの話を聞いていると、金持ちやイケメンが女を独占する、そんな殺伐とした恋愛市場のようです……。

藤沢数希(以下、藤沢) ハハハ。それは、大きな誤解ですね。じつは、ここが恋愛工学が解明した、最もエキサイティングな部分なのですが、恋愛市場でモテる男というのは、金持ちでもイケメンでもないんですよ。

— えっ、そうなんですか?

藤沢 そもそもの恋愛工学の研究をはじめた動機が、どんな男がたくさんセックスできているかと調査したところ、必ずしも世間一般で言われている、高学歴、高年収の男たちのようなハイスペックな男性たちではなかったことですから。だって、もしそうなら、恋愛工学なんか必要ないじゃないですか。単に、たくさんお金を稼いで、出世すればいいだけですよね。でも、そうじゃない。

— じゃあ、「※ただし、イケメンに限る」ということですか?

藤沢 いや、そうでもないところが、非常におもしろいのです。一言で言えば、モテる男と非モテの男を分けるのは、その「振る舞い」にあるのです。

— 振る舞い?

藤沢 どのように振る舞えばいいか、というのが、じつに直感に反しているのです。世の中の恋愛コラムなんかを書いている女性たちが、こうやれば私たちに好かれますよ、とご丁寧にも上から目線で教えてくれていることの反対をやればモテる、という驚くべきことがわかってきたのです。

— どういうことでしょう?

藤沢 たとえば、女性の恋愛コラムニストは「マメな男はモテる」とかよく言うじゃないですか。

— 言いますね。

藤沢 あれ、嘘ですから。単に、この前飲んだ勢いでセックスして、ちょっと好きになっちゃったあの男が、私に全然連絡して来ない。早く、連絡して来いよ!っていう、彼女たちの心の叫びみたいなものを、体よくアドバイスという形で表現しているだけなんですよ。

— ああ、なるほど。

藤沢 他には、モテる男っていうのは、別け隔てなく、すべての女に優しくする、とかも言うじゃないですか。

— はいはい、言いますね。

藤沢 あれ、単に、可愛い一部の女だけに行くんじゃなくて、社交辞令でもいいから、私にも優しくてしてよ、というのを遠回しに言っているだけなんですよ。

— ああ、なるほど。

藤沢 結局、女の人が発する男性向けの恋愛アドバイスなんて、いかに都合のいい男を作り出すかのプロパガンダでしかありません。そういう女の人が、アドバイスに従っているような誠実なジェントルマンとセックスするかというと、ぜんぜんそうでもないんですよ。美味しいところをサクッと持っていく男は、いけ好かないダメンズだったりするわけです。

— 確かに。

藤沢 女の人にモテる方法を、女の人に聞くと、とんでもないことになります。単なる被搾取階級に成り下がるだけですから。

— それでは、どうしたら男性はモテるんですか? いったいどうすれば美味しいところをサクッと持っていける、そんなダメンズになれるんでしょうか?

女の人の男の選び方は常に間違っている

藤沢 生物学的に、どのようなオスがモテるのか、を定義するのはとても簡単です。基本的にすべての生き物は、進化を通して、自分の遺伝子(Genes)のコピーをなるべく増やそうとするようにデザインされています。男性は、女性とたくさんセックスをすればいいわけです。だから男性の行動を司る性欲はそのようになっています。

— なるほど。

藤沢 しかし、女性の場合はそう単純ではありません。生涯で産める子どもの数は限られているのです。自分のお腹の中で育てなければいけません。ある程度大きくなるまで授乳もしなければいけません。

— 女性の負担はかなり大きいですね。

藤沢 女性は男性よりも子を産み育てるコストが高いので、慎重に相手を選ばなければいけません。そこで相手を選ぶ指標になるのが、“Good Genes”と“Good Dad”というふたつの価値です。

— そのふたつを説明していただいていいですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
IT革命と恋愛市場の変相—藤沢数希インタビュー

藤沢数希

非モテ男子・結婚できない女性の増加の真相、科学が解き明かすモテのメカニズムとは……。 メルマガ「週刊金融日記」で科学や金融工学の知見をもとにした「恋愛工学」を展開し、多くの読者から支持を得ている藤沢数希さん。現在、小説「ぼくは愛を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsunamiwaste16 https://t.co/DboO6QFeYI このインタビュー記事で藤沢数希は「一言で言えば、モテる男と非モテの男を分けるのは、その「振る舞い」にあるのです」と答えているけど、藤沢がダントツにイケメンなだけだと思う。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

tsunamiwaste16 割と結論が出ていて、「恋愛工学なんて必要ないじゃないですか」https://t.co/DboO6QFeYI まあ、実際問題必要ないんですよね。くだらないな。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

chidori1079 容姿コンプレックスこじらせてイケメンじゃないと興味もてないし、他人の彼氏がいい男に見えて辛いって思ってたけど遺伝子に書き込まれてたことだったんだな…! 約1年前 replyretweetfavorite

suosono この図、、、、、、、、、、、 https://t.co/JEg4oTxIF5 https://t.co/C543DTpCE8 1年以上前 replyretweetfavorite