第14回】 インドネシア編—巨大別荘から鯉専用施設まで インドネシア富豪の驚愕消費

世界4位の人口と豊富な天然資源を抱えるインドネシアでは、近年の資源価格高騰を追い風とした経済成長に伴い、富裕層が激増している。彼らの生活ぶりを知るべく、自宅などを訪ねた。また、インドネシアには多くの和食レストランがあるが、普通の和食では飽き足りない富裕層も多いようで、メニューのない“お任せ料理”が流行中。さっそく、2年前にオープンした“お任せ料理”の店を取材してみた。

 インドネシア人のケビン・サンジョトさんは2000年に慶應義塾大学を卒業した後、日本で8年間外資系証券のディーラーを務めた。当時の年収は約1億円。六本木ヒルズの自宅から会社まではポルシェで通勤する、そんな誰もが羨むような生活を送っていた。

 だが、4年前に母国へ帰り、その変容ぶりに驚いた。

 「周囲には年収10億円レベルの人たちが何人もいて、まるで自分が貧乏になったような錯覚がした」

 経済成長が続くインドネシアでは富裕層が台頭している。はたして彼らの生活ぶりはどのようなものなのか。

高層ビルを望む広大な庭に
数千万円の木々

 ジャカルタ中心部にある高級住宅街の一角。どこまでも続く高く長い塀で囲まれた邸宅に住むのがウントロ・スルヤ氏(59歳)だ(写真)。

20代で海運会社を設立したウントロ氏。早稲田大学への留学経験もあり大の親日家だ

 ウントロ氏は海運会社アルペニ・プラタマ・オーシャン・ラインの社長。早稲田大学に留学した経験を持ち、日本語は堪能。「日本で一番好きな食べ物は吉野家の牛丼」という飾らない性格の人物だ。

 だが、起業家としての実力は折り紙付きだ。1975年、20代前半にして会社を設立し、2005年にはジャカルタ証券取引所へ株式を公開した。今では74隻のバラ積み船などを保有し、年間売上高は約3億ドル。加えて、中部カリマンタン州に埋蔵量3億5000万トンの石炭権益を持つ。

 敷地の広さは5000平方メートル(写真)。高層ビルを望む広大な庭にはゴルフ場のグリーンが設けられ、傍らにはバリ島から運んだ「1本数千万円は下らない」という樹齢300年のプルメリアが2本植えられている。

ウントロ氏の自宅。ジャカルタ中心部という立地ながら、敷地は5000㎡という広さ

 家の中に入ると、中国の古い陶器やカンボジアの王族が身に着けた宝飾品など、博物館で見るような骨董品がそこかしこに飾られている。

 そしてこの豪邸の他にも、シドニーに350平方メートルのマンション、さらにバリ島には1ヘクタールもの広さの別荘を保有している。

 片や、まだ42歳ながら巨額の富を築いているのがフェリックス・デナンタ氏だ。一族で不動産デベロッパー事業を行っており、従業員は約3万人で、売上高は数百億円規模。副業としてレストランなども手がけている。

世界の錦鯉愛好家の間では知らぬ者はいないほどの有名人であるフェリックス氏。わずか2年半で獲得したトロフィーは数百個に上る

 フェリックス氏はこうしたビジネスマンとしての顔を持つ一方で、世界的に有名な錦鯉愛好家でもある。錦鯉の品評会に参加し始めてまだ2年半だが、国内外の品評会で獲得したトロフィーは数百個に上る。錦鯉に懸ける情熱は半端ではない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
富裕層のカネと知恵【5】~古今東西“超絶”富裕層の教え

週刊ダイヤモンド

巨万の富を築いた海外の大富豪や代々続く地方の名家──。古今東西、本当の富裕層たちはいまなお秘密のベールに包まれた存在だ。彼らはどのような生活をし、いかにして資産を継承してきたのか。※この連載は、2012年10月20日号に掲載された特集...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません