グローバルな貧富の差の拡大の中でどう自衛するべきか

グローバルな規模で、ますます拡大していく貧富の差。そのなかで、私たちが自らを守るために行わなければならないこととは何なのでしょうか。また、仕事をするためには日本語と日本独特のコミュニケーション力が必要な日本。それが有利に働く仕事の分野とは?

やや間があきましたが、この連載では、ここしばらく「働く人」の二極化、中間層の仕事が減っていくこと、楽観的な老人と、雇用や将来が不安なので保守化する若者は、決して日本だけの問題ではないということを書いております。

今回もOECDの「Growing Income Inequality in OECD Countries: What Drives it and How Can Policy Tackle it ?」という報告書に関する続編であります。

過日のコラムではグローバルな貧富の差の拡大の要因は、「グローバリゼーション、技術の進展、規制や構造改革」「家族の形態の変化」「税や社会保障の仕組みの変化」の3つだとご紹介しましたが、さて、このような変化の中で我々が自衛して行くにはどうしたら良いのでしょうか?

ワタクシは気がついたら中年になっていました。この先どうするべきかというのは、他人事ではなく自分事であります。莫大な資産があればそんな事は心配しなくても済むわけですが、ワタクシも資産などほとんどない水呑み百姓的庶民であり、赤子を抱える身でもありますので、日々ネットを巡回してどうでもいいネタを探す一方で、こういうお固いことも考えているのであります。

貧富の差のなかで生き残る方法

さて、まずOECDの報告書からわかることは、今後も稼げる労働者として生き残りたいなら、「市場で評価される技能やノウハウを身につけよ」「自分しかできない仕事を売りにせよ」、ということです。

まず「市場で評価される技能やノウハウを身につけよ」でありますが、それは「グローバルな市場で評価される技能やノウハウ」、もしくは、「ローカル市場で評価されるが海外に外注されない分野」です。前者は企画や戦略立案、マーケティング、商売の仕組みを考える能力、金融商品から富を産み出すなど、「世界中どこでも通用する能力」であります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

amagai_m  自分商店も商品(才能)の更新しないと陳腐化するから。 2年弱前 replyretweetfavorite

ID75 ほぼ全ての人に関わる話っすなー。 思考停止したら終了すわ。 約2年前 replyretweetfavorite

Yamamoto0509 理由は色々でしょうが、こういう事https://t.co/LSXzdpeXDkなんですよね。個人にとっては。 約2年前 replyretweetfavorite

MetropolitanEVE ヤバい、もう死ぬしかないわ( ̄▽ ̄) 約2年前 replyretweetfavorite