すべらないうお座伝説

星座館に集う人々と家族の絆を描いた「三軒茶屋星座館」シリーズで好評の、ホメロスも驚きの超現代訳ギリシャ神話、ヤンキー調。実はとってもダメ~で人間くさい神様たちの姿が、三軒茶屋星座館主人、金髪の元ヤンである和真の語りから浮かび上がってきます。
今回は親子愛を描いたお話です。うお座に描かれる2匹の魚は、実は超有名人のあの美親子、アフロディテとエロス。一度は耳にしたことのある愛と恋の化身の親子の絆の物語を、お楽しみください。


「うお座は黄道十二星座のひとつで、季節で言うと秋の星座になる。秋の夜空のシンボルでもある『秋の大四辺形』、この四角形の二辺をはさみこむように浮かんでる、V字型の星座が魚座なんだ」

 和真はそう言って、自分のビールグラスに口をつけた。

 プラネタリウムの客席は半分ほどが客で埋まっていた。ドリンクホルダーにはそれぞれアルコールの入った自分のグラスが置かれている。

「魚座ってよく誤解されがちなのだけど、実は二匹の魚の姿をしてるんだよ。二匹の魚の尾が、それぞれ紐で結ばれているんだ」

「だからV字型なのね」

 和真と目が合った若い女が言った。

「そのとおり。中国では双魚宮って呼ばれてる。この二匹は、それぞれ神様が変身した姿なんだよ」

「誰と誰ぇ?」

「一人はアフロディテ」

「あ、聞いたことある」

「うん、有名な神様だ。英語ではヴィーナスとも言う。金星も英語でヴィーナスって呼ぶだろう? あれはアフロディテのことなんだ」

「『ミロのヴィーナス』も同じ?」

「うん、あれもアフロディテだよ。同一人物だ。彼女はギリシャ神話のなかで良くも悪くも大活躍する女神で、スーパー美人の愛の神様なんだよ。もともとギリシャの神様は美男美女が多いんだけど、このアフロディテはずば抜けてる。美人すぎるナントカってたいてい実物はガッカリだけど、このアフロディテだけは別。本気で美人すぎる神様なんだ」

 くすくすと客席から笑い声が上がる。

「だから、もちろん男が放っておかない。アフロディテがたったいちどキスしてくれるなら、そのためだけになんでもするって男が山ほどいるんだ。プレゼントは毎日トラックで送りつけられてたし、数時間おきに『結婚してください!』って男たちから言われるくらいだ。でもアフロディテは、まったく相手にしないんだ。それどころか

『どうしてだろう、すっごく不思議なんだけど、ひょっとして私と釣り合うとか思ったのかしら。意外と自分はイケてるって思ってるってことよね? うわぁ、残念。そのファッションセンスとか実際問題ちょっとイタいよ、誰からも指摘されない? 指摘してくれるような友だちさえいない? あ、それとももしかして羞恥プレイなんですか?』

 とか酷いこと言って蹴散らすんだ。でも彼女は実力のある女神だし、実際に超美人だからだれも文句は言えない」

「ひでぇ」

 奥に座っていた男が笑った。

「ほんとだよね。でも、そんなアフロディテだってちゃんと結婚するんだよ」

「誰と? あ、わかった、ゼウスだ!」

 女の酔客が手を挙げた。きっと以前にもここで星座の話を聞いたことがある客だろう。

「残念。なんせアフロディテはゼウスでさえ恐くて手を出せなかったからね」

「なにが怖いの? 性格?」

「あはは、それもあるけど。

 彼女はね、人の恋心を操れるっていう恐ろしい力も持ってたんだ。

 片想いしている人に振り向いてもらう、なんていう使われ方なら自分にとってはいいけど、逆に自分の恋心を勝手にいじられたら恐いだろう? 興味もなかった人のことを突然好きになっちゃうんだ。だから大神ゼウスだって彼女には一目置いていた。そうとうな実力者だよ。

 そんな彼女が夫に選んだのはヘパイストスっていう壮絶に醜男な神様だったんだよ。超絶美人だけど、恐ろしく気まぐれで、嫉妬深くて、プライドの高いアフロディテは、自分の夫が他の女に走るなんて死んでも許せなかったんだ。だから、

『むしろ珍しいくらいの崖っぷち醜男なら、ぜったい浮気しないでしょ』

 て思って、さらに『五回死んでも浮気しません』って一筆まで書かせて結婚したんだよ。もちろん周りの神様は『あのアフロディテが醜男を選んだ』ってド肝抜かれたけどね」

「そんな結婚長続きするのかねぇ」

 中年の男性客がにやにやと笑う。和真はビールを喉に流し込む。ぷはっと息を吐き出すと、手首で口を拭ってから話しはじめた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
超ヤンキー訳 すべらないギリシャ神話

柴崎竜人

娘一人に、お父さんが二人――星座館に集う人々と家族の絆を描いた「三軒茶屋星座館」シリーズが好評です。作品のもうひとつのウリが、星座のモチーフとなったギリシャ神話の物語。神々の王ゼウスは超絶倫! 英雄ヘラクレスの目的はモテること!? 実...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

loveclones |超ヤンキー訳 すべらないギリシャ神話|柴崎竜人|cakes(ケイクス) #pisces https://t.co/s0MY3My4ST 3年弱前 replyretweetfavorite