すべらない水瓶座伝説

星座館に集う人々と家族の絆を描いた「三軒茶屋星座館」シリーズで好評の、ホメロスも驚きの超現代訳ギリシャ神話、ヤンキー調。実はとってもダメ~で人間くさい神様たちの姿が、三軒茶屋星座館主人、金髪の元ヤンである和真の語りから浮かび上がってきます。
水瓶座は絶世の美少年の星座でした。そんな美少年に目をつけたのが、そうですあの超絶ワガママ男のゼウス。美少年、危うし!

「水瓶座は黄道十二星座のひとつで、秋の星座だ」

 和真はドーム型スクリーンにポインタを指して水瓶座を示した。もう片手にはいつものようにビールグラスがある。プラネタリウムの客たちも、自分のグラスを片手にスクリーンに映る星像を眺めていた。

「水瓶座にまつわるギリシャ神話の主人公は、ガニューメデスという美少年の王子だよ。彼が『神の酒・ネクタル』を水瓶から注いでいる姿が、そのまま星図になっているんだ。

 さて、水瓶座のお話は、彼がまだ地上にいた頃の物語。このトロイアの王子・ガニューメデスは、ただの美少年じゃない、超絶美少年だった。もうね、どれくらい美少年かっていうと、笑顔どころか、笑顔になりそうな雰囲気をみせただけで失神者が続出するっていうフィーバーっぷりなんだ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
超ヤンキー訳 すべらないギリシャ神話

柴崎竜人

娘一人に、お父さんが二人――星座館に集う人々と家族の絆を描いた「三軒茶屋星座館」シリーズが好評です。作品のもうひとつのウリが、星座のモチーフとなったギリシャ神話の物語。神々の王ゼウスは超絶倫! 英雄ヘラクレスの目的はモテること!? 実...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません