働くこと」に関して双子のような日本と韓国

近年、日本だけでなく韓国でも深刻な問題となっている若者の自殺の増加。その理由のひとつに、就職先がないことが挙げられますが、近年の労働市場全体を見ても、韓国の雇用問題は深刻のようで……。韓国の雇用者は現在、どのような状況に置かれているのでしょうか。また、日本と韓国の共通する点とは?

韓国の若者が自殺してしまう理由とは?

ここしばらく「働く人」の二極化、中間層の仕事が減って行くこと、楽観的な老人と、雇用や将来が不安なので保守化する若者は、決して日本だけの問題ではないということを書いております。

前回のコラムでは、韓国の若者も就職失敗で自殺している、その理由は、子供の頃からの凄まじい受験競争と、メンツであるとご紹介しましたが、一方で、自殺する人の多い韓国は、信仰心の厚い人の多い国でもあります。

韓国は無神論者が15%と日本の半分しかおりませんが、自殺率は日本を上回っています。ちなみに韓国はキリスト教徒が多く、ワタクシの知人や友人のほとんどは敬虔なキリスト教徒で、日曜日の礼拝への参加は欠かしませんし、分厚い聖書を持ち歩いています。(参照:http://redcresearch.ie/wp-content/uploads/2012/08/RED-C-press-release-Religion-and-Atheism-25-7-12.pdf

つまり、自殺するかしないかには、信仰心がどうとか、キリスト教かどうかは関係がないわけです。さらに、自殺論をかたる人にありがちなのが「家族が支えないから」「人との絆が」というお言葉ですが、韓国の場合は、友達関係や家族関係は日本よりはるかにベタベタであり、先輩後輩な文化もありますし、友達同士なら服を貸し借りするなど、そういう濃い人間関係があります。ですから、人間関係が薄いから自殺する、というのも関係がないわけです。

韓国の若者が自殺してしまう理由には、就職先がないというのがありますが、韓国の近年の労働市場について学ぶと、なるほど、という感じなのです。

多国籍企業が成長するほど、韓国の雇用は悪化する
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

May_Roma 「韓国の製造業における海外製造の割合は、2005年に6.7%だったのが、2010年には16.7%と2.4倍になっているのです。」cakes(ケイクス) https://t.co/3r1tiTPVid 3年以上前 replyretweetfavorite

May_Roma 「韓国の状況は日本よりさらに悲惨であります。中小企業の生産効率は低く、従業員一人当たりの付加価値で試算すると、なんとアメリカやイギリス、ドイツに比べ、30−50%ほど低いのです」 https://t.co/3r1tiTPVid 3年以上前 replyretweetfavorite

May_Roma 「韓国では多国籍企業が成長し、グローバル化することで生産効率が高まったため、仕事が海外に移転し、一時は3分の1程度だった国内雇用が12%にまで減っています。」https://t.co/3r1tiTPVid 3年以上前 replyretweetfavorite

May_Roma 「韓国は無神論者が15%と日本の半分しかおりませんが、自殺率は日本を上回っています。」https://t.co/3r1tiTPVid 3年以上前 replyretweetfavorite