はっきりしない男をはっきりさせる方法

今回の林伸司さんのコラムは、お店に来たツワモノ女性に聞いた使えるテクニックをご紹介。男っていうのはなかなか意気地がないもので、いい雰囲気かなと思ってもなかなか一歩踏み出す勇気がわきません。そんな情けない男たちの態度をはっきりさせるのにはどうすればいいのか? やきもきしている女性必見の内容です!

女性を困らせる「はっきりしない男」

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

女性からよく受ける相談にこういうものがあります。

「林さん、時々一緒に食事にいく男性がいるんです。毎回、向こうから誘ってくれるし、私も彼のことを悪くないな、素敵だなって思ってはいるんですけど、毎回、お食事だけで楽しく飲んで笑って、『じゃあね』で終わりなんです。いったいどういうつもりなのかわかんなくて。どう思います?」

僕はこの男性は絶対に気はあると思います。

よく「男女の仲に友情は成立するか?」という古典的な命題が話題になりますよね。それに関して僕は、「男女の仲に友情はありえない」とずっと言い続けています。 (※女性の方から「男女の間に友情は存在する」とたくさんの反論が来るのは知っています。それについてはまたいつかお話しましょう。)

というのは、もし自分のこととして考えた時に、女性を食事に誘うとしたら、ほんの少しでも「好き」とか「なんとかなりたい」とかそういう下心的なものが存在するからです。

例えば、何かの仕事が終わった後に「じゃあ打ち合わせがてら飯でも食いますか」なんて言葉ありますよね。それも必ず、ほんの少しでも気はあります。というのは、僕がその立場だったら全然そんな気がない場合は、時間とお金がもったいないからまず誘いません。打ち合わせはメールか会議室か喫茶店ですませます。

だから、男性が女性を夜のお食事に誘うということは、程度の差こそはあれ、ちょっとでも「好き」な気持ちはあるはずです。

でも、男性によっては、それ以上進む勇気がなくて悩んでいる場合もあるし、あるいは「この彼女と勢いで寝ちゃったら、後々、面倒くさいことになりそうだなあ。ギリギリで止めて置いた方が無難だなあ」と自分の気持ちを止めている場合もあります。

でも女性としても、そういうのって本当に困りますよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

abgk 確かに上手い 4年弱前 replyretweetfavorite

meeeee_hitsuji オチが完全にのろけだとしか思えないw 4年弱前 replyretweetfavorite

KQZ なんぞw 4年弱前 replyretweetfavorite

hiroko_is すんごい食いついたけどfbと併読してたら新しくはないのか、、// 4年弱前 replyretweetfavorite