新訳 世界恋愛詩集

妻の条件」フランシス・ジャム

みなさんが結婚相手に求める条件は何ですか? 19世紀末フランスの<自然と愛の詩人>フランシス・ジャムによる「素朴な妻を持つための祈り」が、菅原さんの手によって「妻の条件」として生まれ変わった本詩。結婚前の方も、結婚済みの方も、ぜひご覧ください。
詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。


いまはあやうい
その日ぐらしの
詩人のくらし
神様それでも
いつかいつか いつの日か


私の妻になる人は
つつましく
たおやかで
何でも話せる
友達みたいな親密さを
合わせもち


私の妻になる人は
夜になればシーツの上
そっと手を取り
胸の間にペンダント
ゆれてかくれて
ふたりおんなじ夢を見る


私の妻になる人は
夏の木陰に眠っている
すもものようになめらかで
まっしろな肌
ほほをよせれば
香水いらずの あの香り


私の妻になる人は
いつも心に純潔を保ち(どうか死ぬまで)
いつも心に純潔を保ち(他の男に目もくれず)
いつも心に純潔を保ち(見つめる瞳は私だけ)
いつも心に純潔を保ち(浮気なんてすることなく)
いつも心に純潔を保ち(浮気だけはすることなく)


私の妻になる人は
花の眠りの番をする
蜜蜂のような
つよさとやさしさ
私が寝息をたてるとき
その魂に寄り添って


私の妻になる人は
私がこの世を去る時に
やさしく瞼を閉じさせて
枕元で指を組み
しずかにしずかに
祈ってくれる


いまはあやうい
その日ぐらしの
詩人のくらし
神様それでも
いつかいつか いつの日か


「妻の条件」

フランシス・ジャム(1868 - 1938)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aroma_ym すてきだなあ。。 5年以上前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 【日曜の夜に、詩をひとつ】 https://t.co/7cWLYNhkgm 俺がひとつあげるなら、車の運転がうまいひと、とか。 CAKES @cakes_PR にて連載中。「 5年以上前 replyretweetfavorite

sanukimichiru あんまり本音過ぎて怖い   5年以上前 replyretweetfavorite

sayakubota 【嫁入り希望更新】 昼下り、寝起き、ボサボサ、当分お嫁にいけない私から透明な花嫁たちへ。 『妻の条件』フランシス・ジャム https://t.co/9X6ttU9Jgj 「新訳世界恋愛詩集」菅原敏:詩人×久保田沙耶:現代美術家 http://t.co/50hLVDQy8N 5年以上前 replyretweetfavorite