美人であるということは賭け金の高いゲーム

最上位クラスの女性の恋愛は悲恋が多い? なぜ中の上の女性がモテて、中の上の男性がモテにくいのか。男女でモテ方の違いや性欲の違いなど、恋愛工学の基礎となる、ミクロな個々の男女の行動モデルを解き明かします。
メルマガ「週刊金融日記」で「恋愛工学」を展開し、さらに小説「ぼくは愛を証明しようと思う。」をケイクスで連載中の藤沢数希さんに、現代の恋愛市場の抱える問題やモテのメカニズムをお聞きしました。

マクロな恋愛市場のミクロ的な基礎である男女別モテ曲線

※画像クリックで拡大

藤沢数希(以下、藤沢) これまでに現代の恋愛市場の形相がどのようになっているのか説明してきました。そして、こうした現実の恋愛市場がどのように形成されているのか、個々の男女の行動原理から解明していくのがミクロ恋愛工学のひとつの重要な研究分野になっています。こうしたミクロな個々の男女の行動モデルから矛盾なくマクロな恋愛市場を説明できることにより、恋愛工学の基礎理論がより頑強なものとなるからです。

— そして、そのミクロ的な基礎を与えるのが、前回の男女別モテ曲線なのですか?

※画像クリックで拡大

藤沢 ええ。この図は、男が100人、女が100人の村があったとして、それぞれ魅力で順位を付けることができると仮定した場合の、各順位の男女の「モテ度」を表したものです。
 魅力は、男なら経済力でもルックスでも何でもいいですし、女ならルックスや若さでもいい。じつは、何が魅力なのか?というのは非常に難しい問題ですが、ここではそこには立ち入らず、単純にとにかく何らかの魅力の指標で順位を付けられると仮定します。

— 図を見ると、男性は順位が上がると、急激にモテはじめますね。

藤沢 そうなんです。そこが非常に重要なポイントです。図をよく見ると、大方の領域では、同順位の男女を比べると圧倒的に女の方のモテ度が高いことがわかります。しかし、上位に行くと、この男女のモテ度がクロスするポイントが来ます。男性は、このクロッシングポイントを超えると、まさに世界が一変します。ものの見え方がまったく変わってしまうのです。

— 世界が一変するのですか?

藤沢 ええ。じつは、有料メルマガの方では、より実践的な恋愛戦略を提供しているのですが、このメルマガの重要なミッションのひとつは、ひとりでも多くの男性読者を、このクロッシングポイントのあちら側から、こちら側に来てもらうことなのです。

— 藤沢さんのメルマガを読むと、投稿コーナーはある種の熱気で包まれていますね。

藤沢 僕も恋愛戦略を真剣に議論し合う、非常に生産的で知的エネルギーに満ちた、このようなプラットフォームが生まれたのは、本当に想定外でした。

— 藤沢さんも想定外だったんですか。まさに、先週号のメルマガに書かれていたプランBだったわけですね。

藤沢 ハハハ。そうですね。まさに、恋愛工学があそこまで発展したのは、プランBだったわけです(笑)。

— ところで話は元に戻りますが、そもそもなぜこのように男女で、順位によるモテ方が大きく違うのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
IT革命と恋愛市場の変相—藤沢数希インタビュー

藤沢数希

非モテ男子・結婚できない女性の増加の真相、科学が解き明かすモテのメカニズムとは……。 メルマガ「週刊金融日記」で科学や金融工学の知見をもとにした「恋愛工学」を展開し、多くの読者から支持を得ている藤沢数希さん。現在、小説「ぼくは愛を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mikanseijin3935 ようするにボス猿が群れのメスを全部取るってことだろ(汗)?人間って結局ニホンザルの一種なんだな(汗)? 12ヶ月前 replyretweetfavorite

luckychura この記事読んで思った。美人は力関係で負けると損することになる🤔https://t.co/182JeeUYyS 12ヶ月前 replyretweetfavorite

nishio_tsutomu やっぱり面白いな。再購読しようか迷う。 約1年前 replyretweetfavorite

yossyossy 結構面白いw 約1年前 replyretweetfavorite