NHK有働アナは「同じ女性として」を好まない

NHKアナウンサーとは思えない質問やコメントを投げかけ、視聴者を虜にし続けている有働由美子アナ。2014年10月30日に発売した自身初のエッセイ集『ウドウロク』では、NYでの生活やお酒にまつわる話、自身のことを赤裸々に曝け出しています。仕事に生き、仕事の中で培われてきた彼女の倚りかからない生き方を、とくとご覧あれ。

有働アナは「40代独身」を背負わない

アーティストの村上隆に「私たちでも描けそうな絵が、何億円にもなるというのは、計算されて描かれているんですか?」と物怖じせずに投げかけるNHK有働由美子アナは今、いろんな人から「この人は味方だ」と思われている。実際に交友もあるそうだが、マツコ・デラックスの毒素に近いものがある。つまり、フラットな自分から投じられる意見が世間様には刺激物と受け取られているのですが、それを私は気にしておりません、というスタンス。マツコは「私たちみたいなオカマは」とその業界を背負おうとするが、有働アナは「40代独身」を背負おうとしない。40代独身の私、の話をいくらでもするけれど、それを丸ごと背負いはしない。

コメンテーターが「We」を使い、アナウンサーが「I」を使う逆転現象

「30代はあっという間に過ぎていった」と回想する人と、「30代はあっという間に過ぎてくからね」と諭してくる人には雲泥の差がある。有働アナ初のエッセイ集『ウドウロク』(新潮社)を読むと、この方は圧倒的に前者。つまり、自分の話しかしないし、それを「自分たち」の話にしないし、それを踏まえてこうあって欲しいと誰かに向けることをしない。『あさイチ』での有働アナが受け入れられているのは、セクハラ・出産・介護・性といったデリケートな話題に対して、コメンテーターが「We」で返してくるのに対して、アナウンサーが「I」を使ってくるという逆転現象を起こしているから。あ、ちなみに、最近こういう方法で新著を紹介するとすぐに「ステマだろ?」と揶揄されるのでわざわざ早々に批判しておくが、このエッセイ集の野暮ったい造本、中小企業経営者が大枚をはたいて作った自費出版の自伝のような、愛想に欠ける本文写真レイアウトはつくづく残念だ。

V6・井ノ原快彦との高め合い

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eiiuo 妙に納得した「We」じゃなくて「I」で語ること… https://t.co/Wk5YYNUpkz 約4年前 replyretweetfavorite

saitaumilktea |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 |武田砂鉄 |cakes(ケイクス) https://t.co/1o5RUfO78p 約4年前 replyretweetfavorite

snowikuko →淋しいし親を安心させたいから結婚したい。これが男なら、だろうね。じゃないかい? 約4年前 replyretweetfavorite

snowikuko 個人的には時代で、女子がオヤジ化しただけだと思う。独身貴族満喫。でも本当は→ 約4年前 replyretweetfavorite