第41回】混迷極めるアメリカとリベリアとイラクとシリアと荒川と足立の世界情勢

ライター二人の時事放談。先週に続き、イスラム国とエボラ出血熱の話題を中心にお届けします。刻々と状況が変化し続けているこの2つの問題に、世界はどう立ち向かうのか。そして今後どうなっていくのか。正論、暴論交えて熱く話し合います。

10月第4週のおもな出来事
・松島法相と小渕経産相が辞任(10月20日)
・山下智久、器物損壊容疑で書類送検(10月21日)
・橋下大阪市長、在特会と面談。怒号が飛び交う(10月21日)
・矢口真里が1年5ヶ月ぶりに『ミヤネ屋』でテレビ復帰(10月23日)
・加護亜依さんの夫を逮捕 違法な高金利で金貸し付けた容疑(10月24日)

エボラを食い止めるためのオバマの選択

おぐらりゅうじ(以下、おぐら) 先週話題にしたイスラム国もエボラ出血熱も、刻々と状況は変化してますね。

速水健朗(以下、速水) オバマは、9月の国連総会で「人類が直面している脅威」の1番がエボラ、2番がロシア、3番がイスラム国だと言っていたので、エボラ出血熱の話の続きを先にしようか。

おぐら 10月27日にロンドン発―羽田着の全日空便の乗客で、45歳の日系カナダ人のジャーナリストがエボラ感染の疑いがあるというニュース速報が流れました。

速水 空港の熱センサーによって発熱している人が感知される仕組み。今はヨーロッパでもアメリカでもイミグレーションの通過には2~3時間の余裕をみなくちゃいけないくらい、警戒度が高いらしい。ちなみに、その感染の疑いのあったジャーナリストは、8月にリベリアでエボラの取材をしていた。ネットではちょっと有名な人だったらしいね。反日記事を書くジャーナリストとして。

おぐら 結局、検査の結果、明朝には陰性であるということが確認されましたけど。

速水 でも、彼はリベリアを離れて羽田空港で熱センサーに引っかかるまで、ブリュッセル、ロンドンを経由していた。

おぐら もし陽性だったら、相当な騒ぎになっていたかもしれないです。

速水 エボラの対処法として、水際作戦でとにかく国内に入れるなという考え方と、アフリカ西部諸国でのエボラ根絶が優先という考え方の2つがあるのね。先進各国の住民は、アフリカだけでとどめておきたいという水際論。

おぐら 日本でも、いかに水際で食い止められるかっていう報道になってます。

速水 それでオバマは、根絶優先を打ち出した。優秀な医療従事者の意欲をそがないことを第一に考えて、治療に従事したものを移動などで制限しようとする州政府の意向と真っ向対決している。

おぐら オバマ大統領は、アメリカ国内で二次感染によってエボラに感染し、その後治療で回復した看護師のニーナ・ファムさんをホワイトハウスに招いてハグしてましたね。一方、女優のアン・ハサウェイは、新作映画の取材の際に外国人記者との握手を拒否したという報道がありました。これは記者本人がTwitterに「アン・ハサウェイは握手してくれなかった。エボラ熱を恐れたからだ。私は第三世界の記者だから……」と投稿したもので、その真偽は定かではありません。

速水 アン・ハサウェイは、兄がゲイであることをカミングアウトした際に、ゲイを容認しないカトリック教会を離脱する形で宗教のゲイ差別を批判したのはかっこよかったけど、これは過剰反応だし、差別的でしょ。

おぐら 代理人は「彼女自身が風邪をひいていて、誰にもうつしたくなかった」と反論していますけど。

速水 でもオバマは偉いよ。支持率アップ狙いだったら、看護婦とハグするよりも、アフリカ帰りの医療従事者を隔離策の方が支持される。だけど実際のところ、エボラとの戦争に勝つには、現地での根絶以外に方策はない。それもアメリカの力にかかっている部分は大きい。エボラのために多数の医療従事者を送り込み、さらに封じ込めるための軍隊を4000人規模で派遣される。

おぐら 資金面でもアメリカに頼る他なさそうですよね。ビル・ゲイツやザッカーバーグ、ポール・アレンといった資産家がこぞって大金を寄付していますし。

御嶽山噴火にみる「正常バイアス」の恐怖
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
すべてのニュースは賞味期限切れである

おぐらりゅうじ /速水健朗

政治、経済、文化、食など、さまざまジャンルを独特な視線で切り取る速水健朗さんと、『TVブロス』編集部員としてとがった企画を打ち出し、テレビの放送作家としても活躍するおぐらりゅうじさん。この気鋭のふたりのライターが、世の中のニュースを好...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jisama  締めのあの言葉は笑える。岩崎さんがやればすごいけど。 4年弱前 replyretweetfavorite

suchi https://t.co/19KpvOZxjR 「あの状況にあって、まさか後で自分が見るための記念写真とも思えない」意味がわからなかった。近くで噴煙上がったら撮る人がいても不思議じゃ無い。 4年弱前 replyretweetfavorite

Chidorirecords 正常性バイアス、、、 4年弱前 replyretweetfavorite

1518kagetora https://t.co/ue0vwFVslR 4年弱前 replyretweetfavorite