守宮砂—処女鑑別方としてのヤモリ

古来中国には、結婚相手が処女かどうかにこだわる文化があったそうな。ひとまずこだわりがあるのは、目をつぶるとして、問題はその見分け方。そもそも処女かどうかなんて、第三者にはわからないことはずが、中国三千年の歴史にそんな発想は通用しないようで……。中国の有名な歴史小説にも登場する、有名な薬、ヤモリの砂を使っての処女鑑定。はてさてヤモリをどうするとそんなことができるのか、サブカル漢方の世界をのぞいてみましょう。

服用前の注意「知らぬが華。詮索するべからず」

見ただけで処女かどうかわかる。そんな話を聞いたらどう思います?

相当、イタイですね。

そもそも処女かどうかなんて、第三者には分からないことですから、処女判定っていうのは株価の予測みたいなものです。

みんな、あしたの株価が分かればいいな~と思っていても、あしたの株価を知る方法なんてないんです。

見初めた女性が処女かどうか見抜ける方法があったらいいな~と思っても、ムリなんです。

それでも、どうしても処女かどうかを知りたいとなると、トンデモナイ方法が無理やり作り出されることになります。

今回は、そういうお話です。

処女へのこだわり

古来中国には、結婚相手が処女かどうかにこだわる文化があり、さまざまな貞潔鑑定法が編み出されて来ました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
申し訳ないほどおもしろいサブカル漢方大全

村上文崇

近年、すっかりメジャーな療法として知られるようになった漢方。生理痛や不眠症など、さまざまな症状に効く伝統的な東洋医学として認知されています。けれど漢方には、知られざるもう一つの顔があるそうで……。養生医学研究協会の会長にして、上海で現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cagliostro_alch これ確か『医心方』にも載ってた。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

doctrinairism 処女厨はいつの時代も居るのだな… 3年以上前 replyretweetfavorite