悪口は得しない

今回のbar bossa林伸次さんのコラムは、「悪口」について。バーの業界には「バーテンダーズ・マニュアル」なる決まりがあるそうです。接客マニュアルのひとつであるバーテンダーズ・マニュアルは、実は人付き合いにも応用できると林さんは言います。どのように使うことができるのでしょうか。

人付き合いに使えるバーテンダーズ・マニュアル

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

「バーテンダーズ・マニュアル」というものが存在するのはご存知でしょうか?

有名なものですと「初めてのお客さまには常連客のように接しろ。常連客には初めてのお客さまのように接しろ」というものがあります。

これは、初めてのお客さまには緊張させないように、以前から何度も来ているかのように接した方が良い。逆に何度も来ているお客さまには、お互いに緊張感を保たせるために、まるで初めてのように丁寧に接しなさいというものです。

このバーテンダーズ・マニュアル、接客マニュアルであるように見えて、実はバー以外での他人との付き合い方にも使えるものがたくさんあります。

例えば、「先にお帰りになったお客さまのことを、後に残ったお客さまたちと話してはいけない」という教え。カウンターで色んなお客さま同士で会話が盛り上がることがあります。そして、ある方が「そろそろ終電だから」と先に帰られたとしましょう。すると、たまに誰かがその先に帰られた人のことを軽くネタにすることがあるんです。「やっぱり業界人ってモテるんですね」とか「お金持ってるなあって感じでしたね」とかそんな感じです。

そのノリには絶対にのっかってはいけないんです。ちょっとでも同意を示してしまうと話題はその先に帰った人に固定されるし、ただのネタだったのがやがて揶揄になり、そして悪口になるなんてのはよくあること。そうなる前に、バーテンダーの僕としては、大急ぎで違う話題にするか、あるいは「いない人の話をするのは違反ですよ」と笑いながら言うかです。

あるいは、バーテンダーをしていると、新しいお店の味の評判や、音楽や本や映画といった作品の評判を、お客さまから「あれ、どうなの?」と質問されることがあります。そういう場合って、実はお客さまはだいたい「少しだけ悪い評判」を期待しています。

bar bossaは出版業界のお客様が多いので、「あの作家の新しい小説の評判ってどう?」って質問している場合は、ほとんどがその方がその業界のライバル的な位置にいて、その評判を気にしているんです。ですから「すごく売れてるらしいけど、内容は空っぽらしいですよ」とか「新しい試みなんですけどねえ。どうも残念ながら外してるみたいですよ」といったギリギリのネガティブな答えを期待しています。もちろん、そんな誘いにのってはいけません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wa_sarabi この方のコラム、流れてきたから見てみたけど面白い……なんていうか目線がそこにある気がしてふんふん、へぇ、あ、ですよねぇ、って。このバー行ってみたくなる https://t.co/UBF0dPKphT 1年以上前 replyretweetfavorite

ee36c9d0010a462 "@shotayonezawa: " 約4年前 replyretweetfavorite

aym13_ まさに最近思ってたこと。愚痴・悪口・噂話ばかりの場にも人にも、何のメリットも感じない。 約4年前 replyretweetfavorite

shintkitter これはねー、本当飲み屋で気をつけないといけないと思う。 約4年前 replyretweetfavorite