巧みな矢口真里と鈍い男たち

不倫報道から1年5カ月、ようやく芸能界に復帰したタレントの矢口真里。芸能報道が彼女一色で染まるところだけを見てもさすがのタレント力だなと思わせないでもないですが、それよりも矢口を擁護する男たちの頼りなさを武田砂鉄さんは指摘します。まだまだ不安が残った再出発、矢口はどのように芸能界で生きていけばいいのでしょうか。

「不倫なう」と「不倫経験」の分化

「不倫は文化」と言ってのけた石田純一は、結婚した後に「不倫は文化遺産」と修正している。上方修正なのか下方修正なのか分からないが、「不倫なう」と「不倫経験」の分化に成功したわけである。復帰した矢口を擁護した勢力が、復帰番組の司会の宮根誠司であり、その模様を報じたテリー伊藤と小倉智昭だったことは、矢口にとっては分が悪かった。

彼らが発揮してくる寛大さって、「男と女なんてそんなもん」という経験と達観からのみ導かれる。不倫経験を人生にじんわり染み込ませた上で肯定するのは、どれだけ不倫してもなぜか「芸の肥やし」で済まされる歌舞伎役者のベクトルに近い。今回、矢口がひとまず望んだのは石田純一よろしく不倫の文化遺産化だったはず。となれば、下手に不倫を人生に滲ませて肯定しようとしたオヤジたちの弁舌はありがた迷惑なのだ。矢口は味方に恵まれなかった。

芸能界はイメージで浮遊する

「銀行に立てこもった犯人が現行犯逮捕。犯人はまさかの女性」という事件は、「銀行の監視カメラに映っていた男を後日逮捕した」事件よりも数百倍のインパクトを持つ。矢口の案件はこれと同様の膨らみ方をした。(犯ではないが)現行犯だったこと、男性主導ではなく女性主導であったこと、これに尽きる。要するに「不倫」にあらゆるビビットなトッピングが盛られていただけにすぎず、特段の重罪を課す企みが本人にあったわけではない。

ダンナが早く帰ってきちゃった、という安っぽい脚本の実写化に配役された矢口真里。彼女は復帰の会見で「今が最悪、これ以上イメージは下がらないと思う」と発言したが、極めて冷静な分析だと思う。生放送の冒頭で「どういう顔をしてワイプに映ればいいのか分からない」とも発言していたが、この人は、自分という存在、あるいは芸能界という場所が、イメージで浮遊するものだと熟知している。

不倫の鮮度を保とうとする不倫された側
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mysomizo さすが砂鉄さん。矢口真里ならば、石田が文化遺産化した不倫を文化資源として再燃料化 約4年前 replyretweetfavorite