第25回】評価額は同じ?タワーマンション高層階と低層階

節税の裏ワザとして、資産家は瀟洒なタワーマンションを活用することがある。

【タワー最上階】
タワーの最上階なら
相続税評価額は2、3割

 資産1億円について、その相続税を計算する際、現金で持っている場合よりも、マンションなど不動産を保有したほうが相続税の評価額は2、3割引き下がることは資産家の間では常識だ。

 裏ワザはこれをさらに一歩進める。東京の湾岸地区にあるタワーマンションの場合、下層階は4000万円程度でも購入できるのに対し、最上階などの高層階は1億円を超す物件がザラだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本に押し寄せる世界の富裕層マネー

週刊ダイヤモンド

米国、中国、欧州、シンガポール、香港、台湾、マレーシア……。世界中の富裕層マネーが日本に押し寄せている。彼らはこの日本でいったい何を買っているのか。日本人は長過ぎたデフレのせいで気づけていないだけなのかもしれない。実はこの島国にこそ宝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません