すべらないオオイヌ座伝説

星座館に集う人々と家族の絆を描いた「三軒茶屋星座館」シリーズで好評の、ホメロスも驚きの超現代訳ギリシャ神話、ヤンキー調。実はとってもダメ~で人間くさい神様たちの姿が、三軒茶屋星座館主人、金髪の元ヤンである和真の語りから浮かび上がってきます。今回は、わたしたちが地球からが見あげる夜空のなかで、いちばん明るい星、シリウスのあるオオイヌ座について。痛々しい美男美女たちのおもしろくも哀しいお話のはじまり、はじまり。

「オオイヌ座は冬の代表的な星座だ。真冬には南東の夜空にあがる。

 オオイヌ座のαアルファ星シリウスはマイナス1.5等級もあって、これは標準的な一等星から比べても十三倍も明るい、全天でもっとも高い等級なんだ。つまりシリウスは僕らが地球からが見あげる夜空のなかで、いちばん明るい星ってことだよ。地球から六番目に近い恒星で、太陽の40倍の光を放ってる」

 プラネタリウムに映るシリウスを眺めながら和真が言った。客席を埋めている酔っぱらいの客たちがそれぞれ肯く。

「シリウスの語源はギリシャ語で『焼き焦がすもの』って言葉だ。ちなみに冬の大三角形と呼ばれているのは、オリオン座のベテルギウス、子犬座のプロキオンと、このオオイヌ座のα星シリウスだよ。

 ギリシャ神話では、オリオンが連れている猟犬がこのオオイヌ座とも言われてるんだ。あのオリオン座のオリオンね。一方で中国では『天狼星』って呼ばれててさ、シリウスを狼の目に見立ててる。どっちにしても犬や狼だと思われてるなんて面白いだろう?」

「それがオオイヌ座の話?」

 中央の若い女がこちらを振り返った。

「いや、ギリシャ神話で語るオオイヌ座は、オリオンの猟犬っていう説とはまた別の説があるんだ。そのエピソードでは、この猟犬の飼い主はオリオンじゃないんだよ。今日はそのもうひとつの方を話すね」

 そう言って和真はビールグラスに口をつけた。

「さて、今回の主人公はポーキス王の息子で超絶イケメン王子のケパロスだ。

 しかもその妻のプロクリスもこれまた絶世の美女。

 この若い王子と王女は誰もが羨むようなカップルだった。ケパロスはちゃんと自分が超絶美男子であることを知ってて、しかもチヤホヤされるのも好きだったから、晴れた日にはよく二人で手をつないで自分たちを見せびらかしに通りを歩いたりしてたんだよ」

「うわぁ、頭わるいし」と女が笑った。

「でも容姿は抜群だ」

「許す」と彼女は即答する。

「だろう? である日、曙の女神をやってるエーオースがケパロスを見かけて、そのあまりの美男子っぷりに一気に頭をのぼせてしまうんだ。

『んんんっもう! むしゃぶりつきたい!』

 と思うやいなや彼女はケパロスを拉致、誘拐のうえ、むりやり自分の恋人にしてしまうんだよ。所詮ケパロスは人間だからね、抵抗する間もなくエーオースの宮殿に連れて行かれてしまう」

「なんかかわいそうね」

 とカップルで来ていた女が言った。和真がそれに苦笑いする。

「うーん。どうかなぁ。確かに誘拐自体は不幸だった。でもケパロスは優柔不断っていうか、状況判断能力が低いっていうか、軟禁されてるっていうのにいつまでたっても腹をくくらないんだ。もうとっくにエーオースの恋人になってるくせに、

『プロクリス元気かなー、会いたいなー、ほんと美人、てかほんと美人っ! あいま二回言った、ま大事なことだからな、いやーほんと美人だったよなぁプロクリス、会いたいなー……あっごめん、つい』

 とか言うんだよ、エーオースの隣でね」

「本気のバカじゃん」

「そうなんだよ。ガチなんだ。でも絶世の美男子なんだよ」

「許す」

 酔った女が言い、周囲の客たちが笑った。

「だろう? エーオースはエーオースで彼を自分のものにしておきたいものだから、はじめは『そんなこと言わないでダーリン』って優しくしたり、『もう一回言ったらつるすぞテメェ』とか脅したりして、いろいろ試してみたんだけどね、でもケパロスにはぜんぜん効かないわけ。気がつけば『プロクリスって魚で言うとなんだろう、あ、人魚かな』とか彼はぶつぶつ言ってるんだ。いい加減エーオースも疲れちゃって『もうええわ、帰れよお前』って半ば呆れてケパロスを解放することにしたんだよ」

「バカすげー」

「ほんとにね。でもさ、いままでさんざん無神経なこと言われた仕返しに、エーオースも最後にチクッと彼に言ってやるんだ。

『ケパロスさぁ、でもそんだけプロクリスが美人なら他の男がほっとくわけないじゃーん。今頃あんたのことなんか忘れてガッツンガッツン浮気してるでしょどーせ』

『まっさかぁ』

『そりゃ二三人くらいなら我慢するだろうけどさ。千人のイケメンが本気で口説いてきたら一人くらいコロっといくと思わない? いやマジで』

 ないないないない、と余裕で手を振ったケパロス。

 彼は意気揚々とエーオースの宮殿から帰って行く。

 でも、最初の角を曲がったあたりからすぐに様子がおかしくなって、

『気にしないー気にしないー、ぜったいそんなの気にしないー』

 とかあからさまに気にしだすんだ。家が近づくほどに心配になってきて、しまいにはエーオースの元に戻って『ねぇ、浮気してたらどうしようエーオースゥー』って相談する始末だよ。バカバカしくなったエーオースは『なら自分で試してみれば』ってボロボロの服を彼に渡すことにする。

『ありがとう、エーオース、やっぱお前いいやつだな!』

 そうしてケパロスは服を着替えて旅人に変装すると、妻のプロクリスが本当に浮気をしない女だっていう確信を得るために、別人になりすまして言い寄ることにしたんだよ」

「すっごい展開!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
超ヤンキー訳 すべらないギリシャ神話

柴崎竜人

娘一人に、お父さんが二人――星座館に集う人々と家族の絆を描いた「三軒茶屋星座館」シリーズが好評です。作品のもうひとつのウリが、星座のモチーフとなったギリシャ神話の物語。神々の王ゼウスは超絶倫! 英雄ヘラクレスの目的はモテること!? 実...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません