第24回】話題の『CoCo債』 CBと劣後債の合いの子

一部のお金持ちだけが知っている節税と投資術を一挙公開する。  「国税庁が富裕層への攻勢を強めていることもあって、節税の幅は年々狭くなる一方だ」──。  そう嘆く富裕層は多いが、知識ある人がひそかに行っている究極の節税・投資術、その最新ウラ事情を紹介する。

【CoCo債】
新たな国際規制で話題
CBと劣後債の合いの子

 CoCo債──。某カレーチェーンが発行する社債のことではない。Contingent Convertible Bondの頭文字を取ってCoCo債。金融機関が発行する特別な社債であり、日本語では「偶発転換社債」と呼ばれ、転換社債(CB)と劣後債の“合いの子”債券といった色彩を帯びている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本に押し寄せる世界の富裕層マネー

週刊ダイヤモンド

米国、中国、欧州、シンガポール、香港、台湾、マレーシア……。世界中の富裕層マネーが日本に押し寄せている。彼らはこの日本でいったい何を買っているのか。日本人は長過ぎたデフレのせいで気づけていないだけなのかもしれない。実はこの島国にこそ宝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません