保守的な若者と楽観的な老人」の国が行き着くところ

「若者は楽観的」「老人は保守的」という従来の風潮が、少子高齢化やバブルによって、それがそのままひっくり返ってしまっている昨今。これは日本にかぎらず、イギリスなど世界中で起こっている現象なんだそうです。しかし、日本の場合には、日本型雇用システムの機能不全が、世代間のひっくりかえりにさらに影響し、他国とは違った状況を生み出しているのだとか。一体どういうことなんでしょうか?

日本の雇用システムは崩壊している

前々回のコラムでは、世代間格差は決して日本だけの話だけではなく、グローバルな現象になりつつあると書きました。例えばイギリスでは、金融ビッグバンの後のバブルの恩恵を受けた50代以上は若者が享楽的な生活をしないことに驚き、高等教育を受けても仕事にありつけない若者は自分に対して厳しい生活を送らざる得ないのです。若者は楽観的で享楽的、年寄りは保守的で自分に厳しい、という従来の世代の定義が、ひっくり返ってしまっているわけです。

日本でも40代後半以後の世代は享楽的であり、それより若い世代は保守的で自分に厳しい生活を送っています。ネット論壇では40代後半以後のバブルを謳歌した世代が「貯金はするな」「大丈夫だ、人に評価されれば生きて行ける。お金なんていらないんだ」というやたらと楽観的なメッセージが度々炎上しますが、つまりそのような無責任な言動をマトモに受け止める若者は多くはないという証拠なのではないでしょうか。

さて、日本の場合、景気が悪いということの他に、外部環境が変化しているにも関わらず、一向に変化しない日本型雇用システムの機能不全が、このような世代間の定義のひっくり返りに大きな影響を及ぼしています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

9713_miu たまたま運の良かった年長世代が恵まれない若者世代のライフスタイルにとやかく言う権利はない。 2年弱前 replyretweetfavorite

okataku321 ある程度の貯金はしておかないとな。投資に回すべきという意見もよく理解できるけど。 約4年前 replyretweetfavorite

dahkun1 もう老化した企業には終身雇用を受け入れるだけの体力がない。 ▶︎ 約4年前 replyretweetfavorite

fumizoholger2 凄い!特定年齢層だけの話だwww https://t.co/qgXSqsacow 約4年前 replyretweetfavorite