ふらっと脱サラしてお店でも

bar bossa林伸次さんのコラム、今回は「日本一ライトな起業のススメ」です。会社勤めにむいていないとか、とか、毎朝電車で通勤がつらいと感じている人でも、会社を辞めてお店をやるなんてところまで踏み込むのにはなかなか勇気がいります。そんな人こそお店を持つのに向いているという林さん。その真意はいったいなんなんでしょうか。

お店をやるのに向いている人

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

昭和時代に個人商店を始めた人に「どういうきっかけでこのお店を始めたんですか?」なんて質問をすることがあります。するとみなさんほとんどが「なりゆき」とか「まあ、この地域にそのお店がなかったら」とか、かなり適当なんですよね。

例えば金物屋さんに「お店を始めたきっかけは?」って質問すると「生活雑貨全般がすごく好きなんですよ。北欧のヴィンテージものとかにこだわって集めていくうちに趣味が高じて商売になってしまったんです」なんて答えは返ってきません。「叔父が金物問屋やってたから、じゃあ、あの駅前に出そうかって思って」って感じの答えが返ってきます。

喫茶店をやられている方も「昔はコーヒーってすごく儲かったからね。そんなに技術もいらないし、見よう見まねで始めたんだよ」って意外な答えが返ってきます。焼き鳥屋さんも「精肉関係の知り合いがいたから。焼き鳥屋って簡単だし儲かるから」なんて言われます。

昔は別におもいっきりこだわってお店を出すって感じじゃなく、「お勤めは向いてないから店でもやるか」って感じで始めているんですよね。今はお店を始めるっていうと、「いつか自分自身のお店を持つのが夢です」みたいな印象がありますが、別に「普通の就職先」みたいな感じで始めても良いんですよね。

というのも、こんな相談もよく受けるからです。

「どうやら自分は接客が向いているみたいで、自然とみんなが集まってくる」

「料理も達人とまではいかないけど、ちょこちょこっと美味しい物を作るのはすごく上手い」

「結婚するつもりはないから、色んな知らない人と毎日楽しく喋ったり飲んだりして死ぬまですごしたい」

「どうやらサラリーマンは向いていない。毎日電車に揺られてタイムカードを押して、きりきりする生活がダメみたい」

「飲食にすごいこだわりがある。この料理を食べさせたい。って感じじゃないんだけど、でもこんな自分でもお店をやっても良いのだろうか?」

あのですね、すごく「お店をやるのに」向いてると思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kichun1978 サラリーマンって奴隷にしか思えない。昔の人の方が自由で幸せだったんじゃない? 3年以上前 replyretweetfavorite

shinayan |ワイングラスのむこう側|林伸次 @bar_bossa |cakes(ケイクス) https://t.co/ipwT4MjcCG 3年以上前 replyretweetfavorite

moe_sugano 最近お気に入りの林伸次さんの文章。やっぱり好きだな、この人の感性→ 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 林伸次 お店をやるのに向いている人 https://t.co/m5lNCnv002 3年以上前 replyretweetfavorite