人中黄—尿療法をしのぐ衝撃のお薬

民間療法の中に、尿療法はあっても、便療法はありません。なぜなら、便は細菌のカタマリなのです。しかし、中国三千年の歴史にそんなタブーは通用しないようで……。排泄物 = 絶対ダメという私達の常識をくつがえす、あなたの知らない驚きの漢方世界。食事中の方は気をつけてくださいね!

服用前の注意 食事中は読まないで下さい。

ネット上の記事を読みながら食事をするのはキケンだと思います。なぜかと言うと、ネット上には、ありとあらゆる情報があるので、食欲をそそる情報もある反面、キモイ画像や情報もあるからです。

薬膳の講師もやっている私としては、食事は美味しく楽しく食べて欲しいのです。薬膳理論をいろいろ省略して、大切なポイントだけを言うと、薬膳の真髄は食事を楽しむ点にあるからです。

そんな私が書いておいてお願いするのもヘンなのですが、今回の記事はいささかキモイ記事です。

今食事をしながらこの記事を読もうとしている方にお願いです。食事が終わって、しばらくしてから読んで下さい。

衝撃のお薬、人中白

留学生時代のことです。

慢性的な下痢に悩む同級生が、名医と名高い医師から、人中白という名前の薬が入った煎じ薬を処方されました。今では使う医師も少なくなった人中白という薬。正体を知っていたら、ほとんどの人が飲まずに捨てるでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
申し訳ないほどおもしろいサブカル漢方大全

村上文崇

近年、すっかりメジャーな療法として知られるようになった漢方。生理痛や不眠症など、さまざまな症状に効く伝統的な東洋医学として認知されています。けれど漢方には、知られざるもう一つの顔があるそうで……。養生医学研究協会の会長にして、上海で現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

powder0311 「男子児童の尿で煮たゆで卵(童便鶏子)を食べる習慣」面白い。 約4年前 replyretweetfavorite

astrosophie 大変面白かったです。最後のほうのジャコウネコのコーヒー豆は聞いたことあります。飲んだ人曰く、それほどっていうことでした。 http://t.co/2m7LdA6xTe 約4年前 replyretweetfavorite