サイハテ

小林オニキスさん特別インタビュー1】アイデアが思いついたら、形にしたい

今回から2回にわたって、人気ボカロ楽曲「サイハテ」の制作者であり、ノベル『サイハテ』も自ら執筆した、小林オニキスさんのインタビューをお送りします。
楽曲から小説へ――という過程で、どんな狙いがあったのでしょうか。オニキスさんのクリエイターとしての姿勢にも、ぜひご注目を。
小説版『サイハテ』は好評発売中!


♪オリジナル楽曲「サイハテ」の動画はこちら♪


小説化には、抵抗があった

— まず『サイハテ』の小説を執筆することになったきっかけを教えてください。

 3年くらい前に編集担当から打診をいただいたんです。ただ、その当時は『週刊アスキー』で連載していて忙しいというのを理由にして「小説を書くのはちょっと……」とのらりくらりとかわしていました。
 その時は『サイハテ』という楽曲をノベル化することに抵抗があったんですよ。自分が小説という形で公式に発表してしまうことで、これまで『サイハテ』という楽曲が好きで、自分なりに解釈をしていた人たちの想像の幅を狭めてしまうんじゃないかと。「これが正解の形です」と楽曲を作った本人から出されるものに抵抗がある人も多くいると思っていて。そういう理由で断っていました。
 特に、『サイハテ』は、発表当時すごく二次創作が多い作品だったんです。色々な解釈で、みんなが二次創作をしてくれて、それがすごく面白かったので、その解釈の幅は狭めたくないという気持ちがありました。

— なるほど。そこから執筆しようと思ったのはなぜでしょうか?

 断ってはいたのですが、小説を出しませんかという話をいただいてから、「『サイハテ』という楽曲で何か物語を作るとしたら、どんな感じになるかな?」と、どうしても想像するようになってしまったんです。
 そこで、こういった構造で物語を書けば面白いものができるんじゃないかというアイディアが浮かんでしまって。思いついてしまったら、ものを作る人間、クリエイターとしては、やっぱり表現してみたくなってしまうものなんですよ。
 それで、編集担当にアイディアを話してみたら、「いいですね。これなら面白くなりますよ! 書いてみましょうよ!」と言われて、その気になってしまったという(笑)。

— これまで小説を書いてみたことはあったのでしょうか?

 いえ、まったくありませんでした。これまで音楽や映像、デザインなどをやってきましたが、「小説を書こう!」と思うきっかけがなかったんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サイハテ

小林オニキス

再生回数260万を超えるボーカロイドの名曲がノベル化! 楽曲制作者である小林オニキス氏が自ら贈る、“人と人が想いと願いをつなぐ”物語『サイハテ』の一部を公開します。 それは、たおやかな恋でした――。 ある日、中学二年生の水上...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kobayashi_onyx 小説版「サイハテ」についてのインタビューがいつの間にやら公開されていたのでお知らせしておきます。 https://t.co/bRsJZlkGtL 約4年前 replyretweetfavorite