新訳 世界恋愛詩集

長い髪で両手を縛って」ハイネ

ドイツの詩人・ハイネをご存じでしょうか? ロマン主義の流れをくむハイネには「恋の詩人」というイメージも強いですが、のちに「革命詩人」とうたわれただけあり、社会主義的な傾向もみられます。ちょっぴりサディスティックなユーモアを感じる本詩が、菅原さんならではの超訳でどのように生まれ変わるのでしょうか。「詩人天気予報」などで話題の詩人・菅原敏さんが、古今東西の詩人の作品に新訳という名のオマージュを捧げる本連載。気鋭の現代美術家・久保田沙耶さんのアートワークとともにお楽しみください。

昼は天国みたいに すばらしく

夜は神様 ありがとう

キティはとびきり きりきり美人

ワインは もちろん上等で

際限なく 求めている

俺の心臓 ドラムのひびき


赤いくちびる 暴風雨

はげしいくちづけ くぐりぬけ

まわる心は くるくるまわる

くるったコンパス 示す方角

茶色の瞳 きらきらと

俺を見つめて 小さく喉を鳴らしたキティ


華奢な体で ぎゅっと抱きしめ

離してくれない 彼女の両手

長い髪で ぐるぐる縛り

自由を奪う 俺の悪知恵

部屋にひとり 置き去りに

とびらやさしく やさしく閉めた



「長い髪で両手を縛って」

ハインリヒ・ハイネ(1797-1856)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新訳 世界恋愛詩集

菅原敏 /久保田沙耶

あまたの恋を書き残してきた、かつての詩人たちに、新訳という名のオマージュを。『新訳 世界恋愛詩集』は気鋭の詩人、菅原敏による新連載。いにしえの恋愛詩の輪郭を、菅原敏のいまの言葉でなぞっていきます。古い詩集に絵の具を落とし、新たな色で輪...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sugawara_bin 【日曜日のさよならに詩をひとつ】 ハイネ × 菅原敏 『長い髪で両手を縛って』 https://t.co/kG8bwi8b3I 菅原敏(詩人)×久保田沙耶(現代美術家)連載 「新訳 世界恋愛詩集」 3年以上前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 【長い髪の、とびきり、きりきり美人なあの人へ】 ハイネ × 菅原敏 『長い髪で両手を縛って』 https://t.co/kG8bwi8b3I 菅原敏(詩人)×久保田沙耶(現代美術家)連載 「新訳 世界恋愛詩集」 3年以上前 replyretweetfavorite

sayakubota 【電波探して島より更新】 『長い髪で両手を縛って』 今回は革命詩人ハイネの一編です https://t.co/rtjuOBUB0t 島は快晴! http://t.co/uMRRgNle9P 3年以上前 replyretweetfavorite

sugawara_bin 【Sっぽく更新】 今回は革命詩人ハイネのサディスティックな一篇を。 『長い髪で両手を縛って』 https://t.co/kG8bwi8b3I 菅原敏(詩人)×久保田沙耶(現代美術家)「 3年以上前 replyretweetfavorite