山あり海あり美食あり。フランス・バスク地方を巡る

食欲の秋!ということで、今回はフランスはバスク地方から美味しい料理を紹介していきます。フランス南西部にあるバスクは、山や海のある自然いっぱいな地域で、大都会パリとは違った魅力がいっぱい。バスクでパティシエと働いている友人をたずねた中村綾花さんは、いったいどんな美食に出会うのでしょうか?

日本も注目急上昇のバスク地方に行ってみた

食欲の秋ですね。サンマの美味しい季節です。残念なことにパリでサンマは見たことがありません。ジュっとかぼすを絞りかけて食べるのが我が家風。あ〜食べたいなぁサンマ。

でも、秋が深まると食べ物が美味しくなるのは、フランスでも同じなんですよ。

先月、あふれんばかりの食欲をひっさげて、フランスのバスク地方に出かけてきました。パティシエの友人が作るお菓子と現地の美味しい料理を堪能するためです。

日本でも今「バスクが流行っている」という噂を小耳に挟みました。みなさんは、バスクってどこにあるかご存じですか?

バスクとはフランスの南西部とスペインの北部にわたる地域を指します。ヨーロッパの他の地域の言語と異なる、独自の言語「バスク語」を使うバスク人が住み、独自の文化や料理があるところです。

今回はワケあってバスク地方の中心にある小さな街Bayonne(バイヨンヌ)に行ってきました。

パリからフランスの新幹線TGVにのって、5時間の旅の始まりです。

パリでは路線によって駅がわかれており、行き先によって利用する駅が違ってきます。今回はパリの中心部にあるモンパルナス駅からの出発です。電車がどのホームから出発するのかは直前まで分からず、電光掲示板に表示がでるのを待たなければいけません。

出発15分前にようやく表示された番号を見て、乗車客たちが一気に8番ラインをめがけて歩き始めました。

5時間の乗車って、日本でいうと新幹線で東京—福岡間の移動とちょうど同じくらいの時間ですね。長い列車の旅のスタートです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ellessound 行ってみたい場所です。 https://t.co/OGgT2l5nXD 3年以上前 replyretweetfavorite

orchidcoast すっぽんぽんパリ|中村綾花 @ayakahan |cakes(ケイクス)|https://t.co/UAsD8lUm8z 3年以上前 replyretweetfavorite

tmi2 フランス行きたくなる。 3年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan ありがとうございます〜“@saolin7: いつも楽しみにしてる中村さんの記事☆日本ではあまり知られてないけど、絶対訪れたいフランスのバスク地方♪ ” 3年以上前 replyretweetfavorite